大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

再び打鍼を学んで(岡)

日曜日は北辰会の打鍼の研修会に参加してきました。

座学も実技も2回目にしてやっと、なるほどなるほどと理解出来る幅が広がったようで、
昨年1度受講しただけでは打鍼というものをあまり理解していなかったのだと改めて思いました。

昨年は北辰会式鍼灸の学ぶべきことが、ワーッと並んでいて何が何だか消化しきれていなかったし、勉強会や研修会に参加するだけで精一杯の感がありました。
なので打鍼というものは叩打して邪をとるという図式ぐらいしか頭に入ってなかったようです。

今回座学と実技を受講して、やっと腹診と打鍼が頭の中で繋がり、
打鍼の技術面での大切さはもとより、腹診が出来たうえでのことなのだと
今更ながら思った次第です。

大切なことを教わっているにもかかわらず、自分の理解力の少なさゆえ、
色んな学びの要素をスルーしてしまっています。
やはり何回も教わるものなんだなぁと思いました。

f0354314_23373956.jpg


by yu-no-mori | 2017-08-29 09:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)