人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ありがとうの神様(中平)

これ読むと良いよと、知人が本を貸してくれました。

ありがとうの神様(中平)_f0354314_17060246.jpg
               「ありがとうの神様」 小林正観 著


この本によると人間は、「責任感・正義感・使命感・義務感が強い」タイプと「競わない、比べない、争わない」タイプに分かれるそうです。前者は厳しいタイプで後者は緩いタイプ。小・中・高校、大学の教育は厳しいタイプをつくるシステムとのこと。

厳しいタイプの基本的価値観は「努力」。学校や家庭では「努力すること」を教えます。ですが、「努力」とは見方を変えると「自分の力しか信じない」ということ。自分の人生をつくっているのは「自分の力(努力)である」という考え方は、おごり、高ぶり、うぬぼれ、傲慢。「努力をする人生」は、常に今の自分を好きになれず、「まだまだ、もっともっと」と常に枯渇感にさいなまれています。(本文より抜粋)

う~ん、まさに自分はその通り042.gif

人間は頑張るために生まれてきたのではなく、「喜ばれる」ために生まれてきたらしい。人の間で、何かを頼まれて、それをやってあげて、「ありがとう」と喜ばれることがなければ、自分ひとりで頑張っても意味がない。「努力」の反対語は「感謝」。「自分の力」などなく、「まわりの人によって生かされている」と気づくことが「感謝」です。(本文より抜粋)

なるほど~と思いました072.gif気づいたら「努力すること」が人生の目標になっていたかも。

この本にはほかにも色々な切り口で「感謝」することの大切さが書かれています。

自分が今まで持っていなかった考え方に出会えた本です056.gif








by yu-no-mori | 2015-10-12 09:00 | | Comments(0)