人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー

続・安易に市販薬を飲むことの怖さ(中平)

前回の松浦先生のブログに続き、薬の話をもう少し・・・。

私が診ている患者さん(70代女性)。首・肩のコリが主訴なのですが随分改善されていました。そんな中ある日、「昨日肩コリがきつかったわ~!!」との事。調子よくいっていたのにどうしたのだろうと詳しくお話しを伺ったところ、友人に薦められてあるお薬を服用し、どうもそれ以降から肩こりがきつくなっている。

その薬はビタミン剤や整腸剤の様な第3類医薬品で、ドラッグストアで簡単に手に入るもの。身体全体の疲れ・だるさを改善すると広告しています。薬の内容を調べてみたところ、オウギ、エゾウコギが入っていました。オウギは気を補い、陽気を上げる効果があり、エゾウコギは温める効果を持ちます。また気を上らせる効果が強いカフェインも入っていました。

この患者さん、身体自体はとっても元気。また熱証の体質で、いつも気が上に昇りがちです。治療では、気を補うより身体の中から余計なものを取り去り、気を引き下げる治療を行っています。今回体質に合っていない薬を服用した為に、元々身体にあった悪い面が助長され、肩コリがきつくなったと思われます。

これはお薬はもちろん、健康食品でも同じことが言えます。Aさんに効果があったものが、必ずしもBさんに有効とは限りません。百害あって一利なしもあり得るのです。

この患者さん、「この薬がどうもおかしい」と感じられていて、体質に合っていないことを説明したところすぐに服用を中止、肩こりも治まっています。

ここぞ!という時に、薬は有効です。
ですが、日常においては薬に頼らず身体を作っていきましょう!



f0354314_17272175.png

by yu-no-mori | 2016-02-22 09:00 | 健康 | Comments(0)