大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森

寝る時間(中平)

先日小学生のお子さんを連れて来院のお母さんと、お子さんの睡眠時間の話になり・・・

夜のイラスト



「夏休みの間夜更かしになって結果朝遅くまで寝ていました。昼寝もしているから、睡眠は十分とれていると思ってたんですが・・・」

これは寝ている時間は確保できていても、睡眠が目的とする“効果”は十分に得られていない状態です。普段夜遅くまで起きて、休みの日に1日寝て“寝貯め”している方にも同様の話です。

東洋医学では朝6時から昼12時までは陽中の陽、昼12時から夜6時までを陽中の陰、夜6時から夜0時までを陰中の陰、夜0時から朝の6時までを陰中の陽の時間と考えます。身体にとって大切な血など陰液が養われるのは、陰の時間帯です。その時間に起きていては身体に栄養が十分に補給されません。西洋医学でも夜10時~2時を睡眠のゴールデンタイムと呼びますが、東洋医学の考え方でも全く同じ。陽の時間帯に睡眠をとっても一時的な休息にすぎず、身体のエネルギーは補充されません。

寝ているのに疲れが取れないなぁ…という方は、寝ている時間を要チェックです034.gif




睡眠・快眠のイラスト



by yu-no-mori | 2016-09-12 09:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)