大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

気のお話(気虚・気陥)⑤

「柚の森便り」更新しましたemoticon-0155-flower.gif
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズの第24弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸柚の森があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日・15日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


気虚”は気の不足により機能が低下、タイヤの空気が抜けた状態。冷えや下痢・風邪をひきやすく治りにくい・倦怠無力感・息切れなどの症状、また脈は力なく、舌は淡白色になります。気の上昇作用が低下したものは“気陥”と言い、胃下垂や脱腔などが起こります。鍼灸では“気虚・気陥”には補気と言い気を補う手法を用います。

f0354314_09553500.jpg


鍼灸 柚の森emoticon-0155-flower.gif長堀橋駅から東へ徒歩3分

   大阪市中央区南船場1丁目10-19アクトセンバビル403号
   06-6210-4886
   ご予約はお電話または
こちらまで




by yu-no-mori | 2017-03-02 09:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)