大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー

気の華(岡)


桜の季節となりました。
でもこの時期あいにく春雨も多く、葉桜になる前に味わっておかないと…と気がせきます。

桜は独特のむせるような色香がありますね。
それを浴びたいと、人は桜に引き寄せられるのでしょうか…。

北辰会・藤本蓮風先生のご著書、体表観察学の気色診の艶の項目のところで、
「気之華」という言葉についての以下のような説明がありました。
「根があり幹があり、そしてその精花である。すなわちその生命の発露が華として結実する…
モンゴル医学では花や実を中心に使う。…花や実を使うのは、その生命体のエキスがそこに結実するからである…」

なるほど人は無意識に生命体のエキスで満ち満ちているものを美しいと感じ、
引き寄せられるのかもしれませんね。


f0354314_20031204.jpg

by yu-no-mori | 2017-04-11 09:00 | 植物、自然 | Comments(0)