大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー

血のお話④

「柚の森便り」 更新しました174.png
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズ第30弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸 柚の森 があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日・15日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

血が滞る状態を血瘀といい、滞った血を瘀血と呼びます。肝や心の循環作用低下、寒邪による凝滞、熱邪による粘滞、気虚で血の推動不足などで起こります。固定性の刺痛や夜間痛口唇や舌・皮膚が紫暗色月経時に暗色の経血塊悪化すると脳血管障害や子宮筋腫などの病気を発症します。鍼灸では活血化瘀という治療を行います。



f0354314_09295413.jpg


鍼灸 柚の森 178.png 長堀橋から東へ徒歩3分

  大阪市中央区南船場1丁目10-19 
  アクトセンバビル403号
  06-6210-4886
   ご予約はお電話またはこちらまで

by yu-no-mori | 2017-06-01 09:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)