大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

梅雨の養生法①

「柚の森便り」 更新しました177.png
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズ第50弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸 柚の森 があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日・15日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
梅雨時期はジメジメとした湿気(外湿)が「湿邪」として身体の不調の原因となることがあります。五臓の中で消化機能、水分代謝を司る「脾の臓」は湿を嫌います。もともとの体質や不摂生で脾が弱ると身体の水はけが悪い状態となり「内湿」を生じます。それが、外湿の影響を受け、何となく頭や身体が重い、ボーっとしてヤル気がでない、食欲不振、関節が腫れるなどといった症状が現れます。


f0354314_09382561.jpg


                        
 鍼灸 柚の森


178.png 長堀橋から東へ徒歩3分

  大阪市中央区南船場1丁目10-19 
  アクトセンバビル403号
  06-6210-4886
   ご予約はお電話またはこちらまで

by yu-no-mori | 2018-06-07 07:00 | 柚の森便り | Comments(0)