大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー

双子の妊婦さん(松浦)

今年の5月から月1回くらいで治療に来てくれてる妊婦さん。
もともと、お腹、腰回りの冷えが主訴で治療に来られました。
お腹の赤ちゃんはは双子ちゃんです162.png

途中血圧がものすごく上がったり、動悸や息切れ等がありましたが
35週の現在は落ち着いています102.png
いつもは治療に来てもらってましたが、さすがにお腹が大きくて運転しづらいとの事で
昨日は往診にいってきました174.png
双子の場合は帝王切開とばかり思ってたのですが、二人とも頭位(頭が下)の場合は
自然分娩できるそうです。
この妊婦さんの場合は一人が逆子で一人が頭位、、、119.png
鍼灸治療中、私の手が弾むくらい元気に動いてましたが、、、
逆子ちゃんの方が戻ってくれるといいなぁ177.png

主治医の先生がいうには双子の場合、37週までに産む方が産後の状態も良いそうで
来週中に陣痛来なければ、管理入院になるそうです。
どちらにせよ、ママと赤ちゃんが元気にご対面できることをお祈りします110.png






by yu-no-mori | 2018-09-08 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)