大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北辰会に参加しました(大杉)

おはようございます101.png

10/14に当院スタッフ全員が会員である(一社)北辰会の定例会に参加しました102.png

午前は実技、午後は座学講義でした。

北辰会では毎月、実技の時間がありますが今回は「背候診」でした。
北辰会では、体表観察を重視しており、舌診・脈診・腹診など色々ありますが、背候診は背中を診る診断法であり背中には五臓六腑のツボが全て入っている事から、体表観察のなかでも臨床上重要な診断法です。
私も患者さんを診察する際は、必ず確認しております。
実技では、講師の先生に触り方・ツボの反応など色々ご指導して頂きました。


午後の座学講義では、「パニック障害」の症例解説でした。

一般的な鍼灸のイメージって肩コリや腰痛だけっていうイメージだと思うんですよ。

今回の症例では、イライラやストレスを感じると精神的に不安定になっていましたが、鍼治療をする事で症状が改善されたという症例でした。

東洋医学では、「心」と「身体」は繋がっていると考えます。
身体を整える事によって、心も良くなり、気持ちも安らかになります。

東洋医学の考えで鍼灸治療を行うと、肩コリや腰痛だけでなく今回の症例である精神疾患、その他様々な病に対応しております。

今回、学んだ事を患者さんにフィードバックしていきたいと思います125.png


f0354314_23445038.jpeg

by yu-no-mori | 2018-10-16 07:00 | 雑記 | Comments(0)