人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

北辰会の勉強会に参加して来ました!(大杉)

おはようございます😃

11月17日に(一社)北辰会の勉強会に参加して来ました!

午前中の講義は座学でした。

1コマ目は准講師で芦屋市で開業されている各務祐貴先生による「経穴解説 膀胱経 腎経 心包経」。
2コマ目は准講師で京都で開業されている飯野祐二先生による「経穴解説 三焦経 胆経 肝経」でした。

経穴解説という講義は、各経絡に属している1つ1つのツボの効能などを理解する為の講義です。

我々が所属している北辰会では少数鍼治療(1本〜3本)が特徴なので、局所や全身に鍼を打つ治療より、1つ1つのツボに対する理解が大切です。

腰痛だからこのツボ!

肩こりだからこのツボ!ではなく・・・

腰痛や肩こりに至った原因を分析し、実際に身体を触りツボの反応を確認し、弁証をし、そして1番反応のあるツボに治療を行います。

腰痛でも頭に鍼をする事もありますし、肩こりでも足に鍼をする事もあります!

少数鍼であるが故に、1つのツボに対する知識・理解が非常に重要であります。

講義は1つ1つのツボに対する解説やお二方の日々の臨床体験、講義資料を作成するにあたって勉強された事などわかりやすく講義して下さり、大変勉強になりました😊


午後の講義は、体表観察実技でした!

教科書的なツボの位置というものはありますが、それはあくまで目安であって実際には広い範囲で反応が出ている事もあり、その中でより治療をする時にはピンポイントの反応を捉えなければいけません。

数ミリズレても効くのは効くと思いますが、より患者さんのお悩みの症状を早く治すにはいかにピンポイントでツボの反応を捉えられるか、そこが重要になってきます。

実技では、そういった事を教わりました!

今日からの臨床に活かしていきます。

ありがとうございました😆


北辰会の勉強会に参加して来ました!(大杉)_f0354314_22140332.jpeg

by yu-no-mori | 2019-11-19 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)