人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

高地トレーニング(中平)

マラソンランナーがよく行う高地トレーニング。その体験ができる機会があり、チャレンジしてきました177.png

高地では酸素濃度が薄いため、体内では酸素を十分に行き渡らせるために血液中のヘモグロビンや、筋肉中のミオグロビンが増加。つまり酸素の運搬能力や筋肉での酸素消費能力がアップするため、運動能力が向上するそうです。

体験会ではトレーニング前に血圧、脈拍、体内の酸素濃度などを計測、そして標高2500メートル相当の高地環境になった室内へ。手首と指に心拍数や体内酸素量を計測する機械を取り付け、自走式ランニングマシーンで30分間軽く走ります。息苦しいなど特に身体的負荷は感じません。(ちなみに高地トレーニングで有名なボルダーは標高1655メートル)

始め涼しく感じた室内ですが10分も走ると汗ばんできて、30分の終了時点では汗だくです。30分で2時間分の運動効果があるそうです。そしてなんと走る前は上が150台だった血圧が110台まで下がっていました106.png運動することでも血流がよくなって血圧は下がるのですが、低酸素状態だとさらに血管が柔軟になり下がりやすいそうです。

即効性に凄い!と感動したのですが、終わったあとの全身倦怠感も凄いです。1時間位泳ぎ続けたかのようなしんどさ。昼食前だったのでそれも関係しているかなと、その後しっかりご飯を食べたのですがだるさは改善されません140.png夜になってようやく元気が回復しました。急激な環境変化が、どれだけ身体に負担がかかるかが実感できました。

いつか富士山(標高3776メートル)登山に挑戦しよと思っていたのですが、低酸素状態を経験してちょっとびくびくになりました105.png



高地トレーニング(中平)_f0354314_19114769.png


by yu-no-mori | 2020-02-05 07:00 | マラソン・スポーツ | Comments(0)