人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

株式チャートと陰陽(北山)

このブログでも何度も出ていると思いますが、東洋医学の根幹ともいえる考え方に「陰陽論」というものがあります。この世界にあるありとあらゆるものは「陰」と「陽」に分けることができる、という考え方です。「陰」と「陽」は対になっていて、対立したり、お互いを制約し合って常にバランスを取りながら変化します。

この陰と陽という概念は古い考え方のようでいて実は今も日常の色んなところで見つけることが出来ます。例えば、株式チャート。株式チャートってなに?と思われる方もいらっしゃると思いますが、皆さんは以下の図って見た事ありますか?
株式チャートと陰陽(北山)_f0354314_23072172.jpeg
これは株式チャートというもので、投資家の人たちはこれを見て株式を購入するか、手放すか、色々なことを考えるために使っています。最近コロナウイルスの影響で日経平均株価が下がっている、とかニュースで聞きますよね?そういった株価を表すグラフが上記の株式チャートになります。この図は実は江戸時代から使われているもので、白と黒の「ローソク足」と「移動平均(緑の線)」、そしてイラストでは省略していますが「出来高(棒グラフ)」という3つの要素からなっています。

このローソク足、なんと「陰線」と「陽線」という名前があるんです。(デザインにもよりますが、白抜きになっているものが陽線の場合が多いです)
株式チャートと陰陽(北山)_f0354314_23363688.jpeg

1日の取引開始の値段より終了時の価格が上昇した時は「陽線」、取引開始の値段から安くなって終わった時は「陰線」となります。胴体は相場の勢い、上ひげはその日の高値、下ひげは安値を表していて、ひげの長さにもちゃんと意味があり、ローソク足を見ればその日の1日の取引がどんなものだったかわかるようになっているのです。株価は上がりきれば下がりますし、下がりきったら次は上がります。これも「陰陽の転化」といえるのではないでしょうか。

学生時代、景気の「気」は投資家さんたちの気分の「気」なんだよ。という風に習いました。一人一人の投資家さんたちの気が巡り株式の陰と陽が流転し世界の景気を成す。
日経平均株価、経済というといかにも現代的な言葉ですがこうやって古代中国の陰陽論で捉えることも出来てしまうんですね!
(ちなみに、経済という言葉も本来は経世済民という古代中国の言葉です。)

コロナウィルスの影響で、経済だけでなく生活の色んなことが不安で、わからないことも沢山ありますが、陰があれば陽もきっとありますから、株価だけでなく今起こっている混乱が1日でも早く落ち着いてくれればなと思います。

by yu-no-mori | 2020-02-28 07:00 | 雑記 | Comments(0)