人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長堀橋「鍼灸柚の森」スタッフblog/隔週更新


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NHKプロフェッショナル「鍼灸師」バージョンを見て(岡)

先日「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」という番組で鍼灸師をテーマに放送されていました。取り上げられた大髙さんという方の鍼灸はマッサージによって一番凝っているところを見つけ出し、そこに鍼をするというものでした。患者さんは施術が終わると、身体が楽になったととても満足されていました。
鍼灸の方法も色々あるのですが、結果として患者さんの症状が寛解し、満足されているのであれば素晴らしいですし、テレビに取り上げられることにより鍼灸の認知度が上がるのは嬉しく思います。

鍼灸には対処療法的に鍼をする現代医学的な鍼灸もあれば、患者さんそのものを全体的に捉え、正気を整えていくという東洋医学的な考えを基にしている伝統鍼灸もあります。当院は北辰会方式に基づいた伝統鍼灸で治療を行っています。

伝統鍼灸を学びだした当初驚いたのは、鍼灸が内科や精神科で診て貰うような症状にも適応するということでした。何故、多種多様な症状に適応するのかというと、東洋医学では正気を正常に巡らすことで本来身体に備わっている自己治癒力が向上し、様々な症状が治癒していくと考えるからです。「気」という概念が前提としてありますが、「気を使う、気が散る」など「気」という文字が含まれた言葉をふんだんに使う私達にとって十分馴染み深い言葉であり、理屈ではなく感覚的にすんなりと受け入れられるのではないでしょうか…。

伝統鍼灸は美容鍼やスポーツ鍼灸、局所鍼のような現代的な鍼ほどは世間に認識されていないかもしれません。ですが患者さんの方で色々探されるか聞き伝えで伝統鍼灸にたどりつかれる場合が多いように思います。現代的な鍼灸だけでなく伝統鍼灸ももっともっと広まって、より健康的な生活を送るための選択肢の一つとして世間に定着して欲しいなぁ…と思います。


NHKプロフェッショナル「鍼灸師」バージョンを見て(岡)_f0354314_22162407.jpg

by yu-no-mori | 2021-02-15 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)