人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:雑記( 239 )

6月に入り、より一層日常が戻ってきた感じがしていますね。コロナによって現れたみんなに優しいオプション的な選択肢は無くならないで欲しいな、という気持ちもありますが、今週個人的に嬉しかったのは6月1日に大阪のライブハウスが復活したニュースでした。

新しい楽しみ方のハウツー動画を作成し、キャパ350人の会場だけど49名限定、ステージには透明なシート、お客さんは全員着席、声は出さずに鳴り物で対応等しっかりとガイドラインを守っての開催、ライブハウスも大変だったと思いますが思いますが、オファーした先がセックスマシーン!!というバンドだったのが大正解!!と個人的には思いました。

バンド名こそ少し過激な感じですが(笑)彼らの代表曲は初見の人でも何故か一緒に歌う事が出来たり、気付いたら円周率が小数点以下23桁まで言えるようになったり、今回夕方のニュースではしっかり放送されていましたがバンド名が地上波で放送されないことをネタにした歌など盛り上がるものが多くファン層もすごく広いバンドだったりします(*^^*)

ファンのことをゲストボーカルと呼ぶくらい、以前の彼らのライブはお客さんも歌いまくる(?)楽しさがありましたが、確かに「一緒に歌う」ことは出来なくはなったけど、ニュースで放送されていた映像や、ライブ自体も配信で観る限りお客さんもとても楽しそうにされていましたし、ライブの仕様の変更に関してお客さんや関係者からネガティブな意見が出ていないことがすごく良いなぁと思いました。

新しいライブの楽しみ方(北山)_f0354314_23375752.jpeg

今は出来なくなってしまった事に目を向けたり、文句をいうのではなく感染抑止に努めつつ、今後もっと出来ることを増やすために行動するフェーズだと思うので制約の中でどうすればみんなが楽しくなるのか考えて行動されているのは素敵だなと感じました。

ちなみに彼らの次回のライブ会場は海原(荒天中止)です。まだ以前のようには難しいかもしれませんが、はやくライブハウスでセクマシのライブをみたくなりました。

by yu-no-mori | 2020-06-05 07:00 | 雑記 | Comments(0)

聖の青春(大杉)

おはようございます😃

ここ1週間の関西のコロナの感染者数は1人と、かなり減り少し安心しますね。

ただ、少ないからと油断せず第2波、第3波が発生しないようにみんなで協力して感染予防を徹底していきたいですね!

さて、映画の紹介です!
「聖の青春」 2016年公開。

主演は、松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキーなど

29歳の若さで膀胱癌で他界した実在の人物、プロ棋士の村山聖九段の半生を描いた作品です。


西の怪童、東の天才!
次々とタイトルを手に入れ他を圧倒し凄い勢いで将棋界を駆け上がっていった羽生善治さん(東出昌大)、当時そのライバルとされていた村山聖さん(松山ケンイチ)という関西出身の棋士がいたという事をこの映画で知りました。

幼少の頃に、ネフローゼ症候群という難病を患い小学校時代の殆どを病院で過ごしていた村山聖さん。
入院中の暇つぶしにと父から将棋セットを買ってもらったのをきっかけに同じ病棟に入院している同世代の子供達との勝負に夢中になり、どんどん実力をつけていき、やがてプロ棋士を目指すようになり師匠(リリー・フランキー)の所に弟子入り。
無事、プロ棋士となり病を抱えながらも凄い成績で段位を上げていき、ある時将棋界最高峰のタイトルである「名人」を目指すため上京を決意。
周囲からの反対もあったが、師匠から背中を押され上京し、そして羽生善治さんという最大のライバルに出会い、命を削って勝負の世界に生きるも膀胱癌を発症し、29歳で他界。

ちなみに、ライバルである羽生善治さんとの対戦成績は6勝8敗。
健康上の不戦敗もあるため、ほぼ互角。

映画をご覧頂ければわかると思いますが、よくその身体で将棋が指せたなと思いました。

病気が無ければもっと良い成績を残せたのに!という思いもありますが、病気を患った事により将棋と出会いそして日々を大切に過ごし、対局の時は鬼気迫る思いで常に背水の陣で将棋を指していたのかなと思いました。

松山ケンイチさんはこの映画の役作りの為に約20㎏も増量されたそうです。
そういったプロ意識もあり、周りの役者さんの演技も素晴らしかったのでリアリティがあり素晴らしい作品が出来たのですね😃

日々、大切に生きねば。
そして、大きな病気もなく健康で過ごせるという事はありがたい事だと思える映画でした。

機会があれば是非ご覧下さい✨


聖の青春(大杉)_f0354314_23194867.jpeg

by yu-no-mori | 2020-06-02 07:00 | 雑記 | Comments(0)
今朝ニュースで「緊急事態宣言を終えてみて変わった事」のアンケート結果の特集をみていて、回答者の7割が何かしら生活に変化があったと答えていました。やはり持病が悪化したり再発した、というようなマイナスな変化をしたという方もいらっしゃいましたが、半数以上が生活の中で何かしらの良い変化があったと答えていました。大変なことは「大きく変わる」ということで、新しく色々なことが変わっていくことは悪いことばかりではないなぁと思いました。振り返って考えてみるって大事ですね。特集をみていて気になったのですが家族と関わる事が増えたという回答者へのインタビューで、

「たまにしかしなかった孫との電話が増えた。顔色がわからないからってテレビ電話?を毎日かけてくれるのよ。顔色なんか毎日変わるもんでもないのにね110.png

と答えていらっしゃる方がいました。顔色!変わりますよ!
確かに対面と画面越しでは違いはあるかもしれませんが、東洋医学、西洋医学どちらにも言えることですが、患者さんの顔色はとても大事な情報です。特に検査の数値などをみて対応することが中々難しい東洋医学的な診察は患者さんの顔色、目の動き、話しぶりなどから現在の調子を観察します(顔面気色診と言います)

顔色って1日の中でもどんどん変化していますので是非この機会に目を向けてみると健康をチェックする指標になりますよ★男性は比較的関心が少ないかもしれませんが、女性がよく言う「今日は化粧のノリが違う!」というあの感覚を鋭くしていく感じです。

変化に気付くって大事!(北山)_f0354314_23031329.jpeg

話がそれましたが、「自分を観察する」って「そうやって見てみよう」という知識、感覚、何より余裕がないと難しかったりしますよね。自分ではちょっと難しいかも?と思われた方は是非一度ご相談ください。現在の状態をしっかりご説明させて頂きます101.pngどうしたらもっと良くなるか、私達もぜひ一緒に考えさせてください173.png

鍼灸 柚の森
 長堀橋から東へ徒歩3分
  大阪市中央区南船場1丁目10-19 アクトセンバビル403号
 
ご予約はこちらまで

鍼灸治療をさせて頂く前と後で本当に顔色が良くなってこちらまで嬉しくなる事がよくあります♪

by yu-no-mori | 2020-05-29 07:00 | 雑記 | Comments(0)
おはようございます😃

非常に残念ではありますが、第102回全国高校野球選手権大会(夏の高校野球)が中止となりました。

夏の高校野球の中止は米騒動の1918年、戦局が深刻化した1941年に次いで79年ぶり3度目です。

戦争での中断(1942年春から1946年春まで)を除けば、春夏連続の中止は史上初となりました。

緊急事態宣言が解除され、少しずつ学校も再開されておりますが休校の間は部活動も活動出来ず、その為準備期間が短く熱中症など健康面の不安もあり49の代表校を決める地方大会を8月上旬までに終えるのは難しいと判断されたのでしょうね。

私もかれこれ20年以上、毎年高校野球を観戦しており今回の大会中止のニュースを聞き非常にショックでしたが、高校球児達のショックは計り知れない程でしょうね。
指導者の方や親の方達も、何と声をかけて良いかわからないでしょうね。

今年は、春・夏ともに甲子園が中止となり3年生の進路はかなり影響するでしょうね。

恐らく、色々な方達に次の目標に向かって頑張ろう!という声をかけられたと思います。

ただ、そう簡単に気持ちを切り替えられない球児も多いかと思います。

それでも、1日でも早く次の目標に向かってどうか頑張って下さい😊


夏の高校野球中止(大杉)_f0354314_23064775.jpeg

by yu-no-mori | 2020-05-26 07:00 | 雑記 | Comments(0)
大阪は自粛解除で一挙に人で溢れかえっているようですね。
活気が戻ってくるのは嬉しいですが再度自粛にならないよう、感染防止に向けて各個人でより一層注意を払いたいものです。

さて、確か以前にも書いた自転車の話し。
最近、自転車の後輪の空気が抜けていたので空気を入れたのですが、2~3日するとまた抜けていたので近所の自転車屋さんに行きました。
「空気を入れた翌日に、もう空気が抜けてましたか?」と自転車屋さんに聞かれ、「いえ、2~3日経って少し緩くなった感じです」と答えました。
「そしたら虫ゴム(空気チューブの金口)の締め方が弱かっただけかもしれませんよ。もしくは虫ゴム自体がダメになってるのかもしれません」と言い、無料で付け替えてくれ空気を入れてくれました。締め方が弱かっただけかも…っとパンクのチェックをして貰わずに一旦帰ることに…。
帰り際に「自転車って何年ぐらいもつのですか?」とふと聞きました。
「丁寧に扱ったら長い事乗れますよ~。早め早めにメンテナンスした方がいいです。不具合感じているのにそのままにしてたら、いきなり壊れてしまいます。」とのこと。
なるほど人間と同じですね。人間もちょっと調子が悪いと感じてもついついほっておいて、年齢とともに治癒力が減り、気づけば大変なことになっていたりしますもんね。

さて自転車はというと意に反してまた空気が抜けていたので、また自転車さんへ…。
結局、針が刺さったようなごく小さな穴が空いていたようでパンク修理となりました。修理費は750円。物価がどんどん高くなっている今日この頃なのに、昔と変わらない費用のような…。経営大丈夫なのかな?と余計な心配をし、次自転車買うときは絶対ここで買わねば…と固く心に誓いました。しかし小まめにメンテナンスするつもりでもあるので、次買うときはいつになるのやら…。
人間のほうは是非とも鍼灸でメンテナンスさせて下さいね~。

自転車のメンテナンス(岡)_f0354314_13453140.jpg

by yu-no-mori | 2020-05-25 07:00 | 雑記 | Comments(0)

誰も知らない(大杉)

おはようございます😃

国民みんなで協力した結果、かなり感染者数は減少しましたね。

大阪では17日に3月9日以来の感染者0という日も達しましたね。

大阪モデルもクリアしましたし、まだまだ油断は出来ませんが少しずつお店や娯楽施設も再開されるそうで嬉しく思います😊


さて、映画の紹介です!
「誰も知らない」 2004年公開!

主演・出演は、柳楽優弥、YOU、北浦愛、遠藤憲一、木村祐一など。

監督は大ヒット映画「万引き家族」、「3度目の殺人」、「海街diary」で監督を務めた是枝裕和さんです。

この作品は実際の事件をモチーフにした映画です。
この事件です。→巣鴨子供置き去り事件


簡単なあらすじですが、2DKのアパートに引っ越してきた母(YOU)と長男の明(柳楽優弥)の親子。
大家さんへ挨拶に行った際に「父親は単身赴任なので2人暮らし」みたいな事を言っていましたが・・・しかし引っ越しの荷物の中にあるキャリーケースの中には次男と次女が入っており、長女は最寄り駅で待ち合わせをしていました。
そして、長男以外の子供達は「絶対に外に出ないこと」というルールを作り、学校にも通わせず、母は徐々に帰りが遅くなる日々が増えていった。
母はある日、好きな人が出来たと長男に言い、それ以後、家に帰らなくなり、1ヶ月後現金が入った書留郵便が送られてくるようになり・・・という話しです。

この映画、すごく心が重たくなると思います。

世の中、数ある事故・事件がありますが個人的に最も辛くなるニュースは幼児虐待関連のニュースです。

この映画も、そういった映画です。

ただ、この映画を鑑賞した後に思ったのは出演している4人の子供達は親からネグレクト(育児放棄)を受けているが、自分は気付けるだろうか?と・・・

今、住んでいるマンションに約7年程住んでいますが、ほとんど住人の方に会ったことがありません。

今は昔より近所付き合いが希薄という側面があり、こういった事件に気づきにくいというのもあり、また関わりたくないというのもあると思います。

私が子供の頃は、近所のおじさんに18時頃まで遊んでいたら「もう、遅いし帰りなさい」って言われたり、色々イタズラなんかしていると叱ってくれたりと、今は良い意味でお節介なおじさんやおばさん達がいなくなったように思います。
この方達に色々遊びを教わったり、お話しもして下さり良い思い出もあります😆

このような人達がいて下さるとこういった事件も、もしかすると少しは防げたのではないかと思います。

では、自分だったらどうするのか?

色々、考えさせられる映画です。

機会があれば是非、ご覧下さい。


誰も知らない(大杉)_f0354314_23404512.jpeg

by yu-no-mori | 2020-05-19 07:00 | 雑記 | Comments(0)
5月も気がつけば折り返し地点。少しずつ街の様子も変化しているように感じます。私は結構外に出かけるのが好きなタイプですが、よく考えたら今年はもう半年近く引きこもりに近い生活をしているので、慣れてきた感もあり少し最近は部屋にお花を飾ってみたりするようにもなりました…178.png

ステイホーム1ヶ月目の変化(北山)_f0354314_01063001.jpeg

日常が変化していくことに関しては不便さも少しはあるけど、楽しさもあるなぁと感じています。気の合う仲間同士で集まったり、一緒に楽しい事するのは大好きですが、漠然と「おうち時間を満喫しよう!」とか「みんなで頑張ろう!」というわざわざ頑張って一生懸命楽しまなきゃ!という雰囲気がどちらかと言えばそこまで得意ではないマイペースな性格が功を奏しているのかもしれません…103.png

言い方を変えれば私みたいな人間が「みんなで頑張ろう!」と頑張ってみても限界があるということです。普段は頑張れていたとしても、どのくらい元気な状態を保てるかは人それぞれ違います。元々の性格だったり、人それぞれ持って生まれた体質があるからです。今のような状況だと「いや、頑張れへんわ…」って思ってしまう事はなんだか悪い事のような気がしてしまう人もいるかもしれませんが、不特定の誰かを想うその優しい気持ちは是非ご自身や周りの方に使って欲しいな、と思います162.png

柚の森では、初診の問診の際は特にですが、治療を行う前にしっかりと患者様のお話を聴いて、現在の状況と今はこうだけど元々の体質がどうであったか、を考えてどのような治療が必要かを決めていきます。病院に行くほどっでもないかな…という何となくの不調、生活の変化にいまいち気持ちが追いつかない感じがする等の症状には鍼灸がとっても合うのではないかと個人的には思っています。こんな症状があるけど鍼灸って効くの?等のご質問も、よかったらお問い合わせフォームからでもお気軽にご相談くださいね173.png

by yu-no-mori | 2020-05-15 07:00 | 雑記 | Comments(0)

家仕舞い

ステイホームのお陰で片付けがブーム(?)ですが、我が家はGW中夫の実家(数年前からずっと空家でほぼ物置き場状態)の荷物の撤去作業に明け暮れていました135.png
以前から少~しずつ要らないものを処分したり、使える物をピックアップしたりしていたのですが、ついに家の処分が決まりGW開けには引き渡し。締め切りが決定したのでエンジン全開で毎日作業をしていました103.png

作業をしていてつくづく感じたのが、人間って物を溜め込む習性があるんだなぁという事です。とにかく物が出てくる出てくる。それも同じものが幾つも出てくるのです。(はさみとか定規とか、しゃもじとか・・・幾つも必要ない物なのに145.png)また値札がついたままの洋服や、箱に入ったままの新品の食器等々・・・きっともったいなくて捨てられない、いつか使うかもしれないと取っておいた結果なんでしょうね。

使える物を処分するのはとても心苦しかったのですが、かといってこれらをそのまま我が家に持ち込んだところで処分を先送りにするだけのこと。「欲しい!」「使う!」と感じたもの以外は「もったいないなぁ」と思う前にどんどん処分していきました143.png

家も身体と同じで余計なものを溜め込むと気の流れが悪くなって“不健康”な状態になる気がします。私自身もったいない体質で物を貯めがち。片付けをしながら、今後は物を買うとき貰う時は、今必要か、絶対に使うかを考えて行動しようと思いました177.png



家仕舞い_f0354314_11234272.gif



by yu-no-mori | 2020-05-13 07:00 | 雑記 | Comments(0)
おはようございます😃

皆さま、GWいかがお過ごしでしたでしょうか?

ステイホーム週間でしたので、仕事でどうしても外出の方以外は、ほとんどの方がご自宅でゆっくりと過ごされていたかと思います。

まだまだ油断は出来ませんが、日々感染者数がだいぶ減少した事は嬉しい事ですね☺️
国民の皆さまが一致団結した事が大きいですね!


さてさて、私はGW期間中は運動や必要な買い物以外はゆっくりと自宅で過ごしていましたが、今回友人と「オンライン飲み会」をやってみました😁

「オンライン飲み会」はいくつか方法がありますが、私は「LINE」で行いました!

やはり、少し違和感はありますが自宅なので居酒屋で飲むよりゆる〜い感じで楽しめるのが良いですね✨

約2時間程、お互いの近況や過去の思い出話しなど、色々話しが出来て楽しめました😉

スマホやタブレット、PCはやり過ぎると目も酷使するし気が上りやすいので身体に良くはありませんが、こういう状況下では文明の利器は素晴らしいと感じますね😊

機会があれば、皆さまも是非「オンライン飲み会」やってみて下さい👍🏻


オンライン飲み会(大杉)_f0354314_22273231.jpeg

by yu-no-mori | 2020-05-12 07:00 | 雑記 | Comments(0)
まだまだ自粛中の世の中なのですが、ゴールデンウイーク明けたら、家の近所の道路を走る車が一挙に多くなりました。朝の出勤時間帯は混んで動かない状態ですらありました。もういいかな…っていう感じなのでしょうか?それとも電車を避けての出勤を選んだ結果でしょうか?(ちなみに聞くところによると、電車は結構空いていたそうな)
何か動き出した感があって、なんだか嬉しかったのですが、いやいやまだ自粛せねば…と複雑な思いです。

お休み中は本院でお借りした韓国歴史ドラマ「ホジュン」を8話まで見ました。これって全部で65話(初代版)あるとのこと。ドラマ「ホジュン」は16世紀から17世紀にかけて実在した宮廷医のお話しです。韓国ドラマは見だしたら止められません。御多分に洩れず、これでもかと降りかかる不幸や悪意に耐え抜き立身出世していくというもので、つらい境遇の主人公にどっぷり感情移入して引き込まれます。悪人として描かれている側や日和見的な登場人物も味があり切なさがあり、居る居るこんな人って…っていう感じをデフォルメしたキャラクターについつい見入ってしまいます。
漢方薬や鍼灸など東洋医学のことがふんだんに出てきて、まだまだ学び中の私としては、なるほどなぁと思いながら視聴できたのが少々嬉しかったです。
このドラマは東洋医学の理解度に応じて、注目するポイントが違ってくるのだろうなぁ…と思いました。
ドラマの人物が放つセリフは深みがあって、いちいち心にしみ込んできます。もっともっとじっくり見たいと思うのですが、なんせ65話…ストーリーを早く追いたいという気持ちが抑えきれません。先は長いです…。

(※どうやら初代版「ホジュン」は65話までで、最近のバージョンは68話までのようです~119.png
やっと見ました「ホジュン」(岡)_f0354314_19110629.jpg

by yu-no-mori | 2020-05-11 07:00 | 雑記 | Comments(0)