大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー

カテゴリ:動物( 19 )

台風一過の夕方、近所の堤防をランニングしていたら、何やら向こうの方に小さな物体が。野良犬?野良猫?近づいてみるとどちらでもない風貌。イタチ???夫が「ああ~!ヌートリアや!」私は初めて聞く名前です146.png

f0354314_15112970.png

(この写真はネット上にあったヌートリアの無料提供写真です。まったくこんな感じでした)
どうみても巨大なドブネズミ。可愛いような、気持ち悪いような微妙な感じ135.png帰宅後調べてみると、外来生物で第二次世界大戦から戦後にかけて毛皮用に輸入・飼育されたものが放棄されたそうです。歯が強く、人の指くらいは簡単に切断してしまうほど。「かわいい~!」なんて子供が近寄ったら危険ですね。

そんなに田舎な環境ではありませんが、こんな生物に遭遇するなんて。地震やら台風やら猛暑やらで食糧難になって人里まで出てきたのでしょうか。泳ぎ方もちょっと力なく、流されているようでした。
害獣と言われているそうですが、元をたどれば人間が勝手に自然体系を崩した結果。ヌートリアに申し訳なくあり、しかし気持ち悪いし、農作物被害は困りものだし。餌をあげる訳にもいかず、ただどこかで穏便に暮らしておくれと願うしかありませんでした131.png

by yu-no-mori | 2018-08-01 07:00 | 動物 | Comments(0)
三番目に家に来たネコ「きなり」はずっと触らせてくれなかったのですが、最近、やっと自分から寄ってくるようになりました。

そもそも「きなり」が家に来た当時は触らせてくれていたのですが、当初私がいきなり彼女の爪を切ったのが原因で触らしてくれなくなったのかもしれません…^^;

もう爪を切るのも諦めたし、彼女を放置していました。
触らしてはくれないけど、私の後をついても来るので関わりたいけど関われないという気持ちだったのかも…。

でも最近、他のネコ達を抱っこしてたら「きなり」もスリスリしてくるようになりました。
今までの触れ合うことが出来なかったぶん一挙にタガが外れたのか、いきなり我先に甘えだして他のネコが引くぐらいです^^;

触らしてくれるようになっても、その最初の頃は身体が少し緊張して固くなっていました。
何日かすると、身体の固さも徐々に緩んできました。

まぁこれで動物病院にも四苦八苦せず連れて行くことが出来るようになったかも…。
無理に関わろうとせず放置してたのが良かったのかなぁ…と思っているところです。


f0354314_22354913.jpg
にゃんともふてぶてしい顔…
 


by yu-no-mori | 2018-05-21 07:00 | 動物 | Comments(0)

ちょっと前、一番最後に家に来たネコの「きなり」が何やら調子悪そうでした。
というのも、大好きな草も、エサも食べに来ないという日がありまして…。
でも元々食が細く、気まぐれなネコだったので、まっいいかとも思いましたが、
「きなり」の様子を見に行くと、ぐったりした様子で片目が開きにくくなっていました。
ぎょっ!これはヤバイ…。

先住猫の経験から言うと食欲無く、じっとしていて動かず、片目が開きにくくなった場合、
大抵病気になっていました。
病院に行くなり、なんらかの処置をしなければならなかったのですが、
やっかいなことに「きなり」だけは警戒心バリバリのままのネコで、
すんなり捕まえて病院に連れていけるような子では無かったのです。

どうしたもんかな…と思ったものの、30㎝ぐらい離れたところで
しばらく見つめているしかありませんでした。

普段は警戒心があるものの、私が他のことに気をとられているスキに
スリスリしてくる「きなり」。
本当はなんのタメライも無くスリスリしたいのかも知れません。
今回、とりあえず30㎝離れたところでしばらく一緒にいてあげました。
「きなり」は警戒心を持ちながらもウトウト…。

翌日になって、調子はどうやろか?ひどくなっていたら無理やり捕まえなあかんなぁ…
などと思っていたら、両目がパチクリ開いて、元気にエサを食べにきました。
ひとまずホッと安心。

若いネコだから、何もしなくても寝てじっとしているだけで回復力があるようです。
私がしばらく傍に居てあげたのも、少しは回復に一役かったのかもと思いたいのですが、
「きなり」にしたら「ありがた迷惑やったわ…」なんて思っていたかも…ですね^^;

f0354314_22594392.png

by yu-no-mori | 2017-09-13 09:00 | 動物 | Comments(0)
最近、ネコが好む草が生えている季節となり、
朝、草を取ってきては与えているのですが、
ネコ達はエサよりも何よりも草が食べたくて仕方がないようです。

朝になると3匹とも「はよ、草くれ~!」とソワソワ、ソワソワ…。
草をあげると嬉々として、ガツガツ食べます。

でも一番食が細い「きなり」は草を食べた後、
必ずその草をものすごく苦しそうに鳴きながら吐きだすのです。

そんなにしんどい思いをして吐くのなら、食べなければいいのに…
と思うのですが、「きなり」が一番草を心待ちにしてるようです。

こちらとしては、場所問わず吐かれるので困るのですが、
ネコ達のストレスが少しは解消されてるのなら仕方ないかなぁ…と思う次第です。

f0354314_21432027.png
ひたすら草を食べる「きなり」:右端



by yu-no-mori | 2017-06-20 09:00 | 動物 | Comments(0)

つばめ

鍼灸柚の森のインスタグラムはじめました!
yu_no_mori で検索してみてください。

そこに四条畷のつばめの親子をアップしたのですが、
スマホで撮影したので残念ながら思うような写真が撮れませんでした。
ドライブ中につばめの巣を発見。今度はカメラで撮影しました。
今回はまあまあかな?
f0354314_08501885.jpg
ぎゅうぎゅうですね。
一番左のつばめがカメラ目線。真っ黒な瞳が可愛いです。

つばめは春のなると南の方からやってくる渡り鳥です。
つばめの姿をみると「あ〜春が来た〜」って感じがします。
子供の頃、古い木造の家の軒下に巣を作っていて、
通る度に眺めていたのを思い出します。
親が餌を運んだ時に一斉に口を開けるのがおもしろくて。
しかも口の中は確か黄色いんですよね。

つばめの巣がある家は縁起の良い家だそうで、
確かに大きなお家や商売をされてるお家が多かったように思います。
つばめにとっても住み心地が良いってことなんでしょうかね。
都会に住んでいると忘れてしまってた 
人間と自然・動物との共存を思い出させてくれたつばめさんたちでした。



by yu-no-mori | 2017-05-31 09:06 | 動物 | Comments(0)

面白生き物発見(岡)

先日、伸び過ぎた庭の木を切っていたら、何か変な生え方してる枝を発見。

f0354314_22091952.png
何やろ?とマジマジと近づいて見てみると、
変なポーズをしたまま、微動だにしない生き物でした。

f0354314_22135178.jpg

( ・_・)ジィーーー・・・・・・と見つめてみましたが、
ずっとこのポーズのまま…。

「バレませんように…!枝の真似、枝の真似!」と思っていたのかはわかりませんが、
とにかく必死なご様子…。

f0354314_22163489.jpg

(ピンボケですみません)
この生き物はカエルなのか?
カエルにしては目が飛び出てないし…。
足も変だし…。

ヤモリ?
ヤモリの体形ではないような…。

やっぱりカエルですよね…^^;


by yu-no-mori | 2017-05-30 09:00 | 動物 | Comments(0)
この土曜日の朝、本院で受付の準備をしていました。
玄関のあたりに来て、
はて?何かが違う…と違和感が…。

水槽に目を移すとガラーン………。

カメのサンタがおれへんやん!!
いつもは人が来たら、水をバシャバシャさせて駆け寄ってくるのに…。
シーン…。
何、この静けさは…?

犬のように思いっきりシッポ振って飛びついてくる訳でも無く、
ネコのようにスリスリしてくるわけでも無いけど…。
バシャバシャ泳いで、妙に存在感をアピールしてくるサンタがいないとなると
何だかやはり一種の寂寞感があったのでした。

患者さんのアイドルでもあったサンタ。
サンタに会えるのを楽しみにしていらっしゃる患者さんたちも、
「今日はいてないんやね…」と少しガッカリのご様子。

そんなサンタはゴールデンウィーク中、実家に帰っていたのでした。
本院での患者さん達のガッカリ感をよそに、
サンタは実家を満喫したようですね。
(詳しくは本院院長ブログにて)

f0354314_21084427.jpg



by yu-no-mori | 2017-05-09 09:00 | 動物 | Comments(0)

ニャンコの視線(岡)

家の猫達の遊び時間は夜の11時みたいです。
夜の11時になると、私のそばに寄ってきてジーッと見つめてきます。
特に「はく」が遊んでくれ~っと詰め寄ってきます。

何か用事をしていて、ふっと振り向くとジーッと見つめられていて、
少しゾクッとしたりします^^;
私の方はと言えば、もう眠たいのですがね…。

紐に毛玉をぶら下げて左右上下に振り回して、それをネコ達が追いかけます。

毎日嬉々として追いかけます。
動くものを追いかけるのが本能みたいで、どうやら1日1回それをやりたいようです。

出来ればネコ同士でやって欲しい…。
だから複数のネコを飼ったのに…
とは思ってはみても、「はく」だけはネコ同士が物足りないみたいです^^;


f0354314_21530745.png

ピンボケで失礼します




by yu-no-mori | 2017-04-18 09:00 | 動物 | Comments(0)
先日、家に帰ってきたらテーブルの上に置きっぱなしにしていたノートパソコンの
キーボードの文字の部分がひとつ剥がれ落ちて、離れたところに転がっていました。

外出する前は正常だったので、どう考えてもネコの仕業としか思えません。
私が居てるときは、絶対にテーブルの上に上がらないないのに、
どうも居なくなると上がっているようです。
キーボードで爪とぎしようとしたのでしょうか…。
恐ろしや~!

壁紙も剥がされていってるし…。
家の中がどんどん荒らされていってます。

そういえば以前、家にいた犬は雷が鳴るたびに土壁を掘っていましたが…。
動物は置物では無いので、仕方ないですかね…トホホ。

f0354314_22510893.jpg

by yu-no-mori | 2017-03-28 09:00 | 動物 | Comments(0)

老犬の介護に思う(岡)

先日、老犬のお見舞いをさせて頂く機会がありました。

我が家にも数年前、17歳まで生きていた犬がいて、
足腰が立たなくなってしまった犬の介護が1年半ぐらい続きました。

夜になると不安になるのか、夜の11時ぐらいになると決まってワンワン吠え始めました。
私の横に寝かせていたのですが、身体は動けないけど声だけは大きく、
近所迷惑なので雨戸を閉め切っていたら部屋じゅうに響いて、
吠えるのが始まるとぶん殴りたい気持ちにもなりました。

また床ずれにならないように、何時間かごとに身体の位置を変える必要もありました。
そこそこ大きい犬だったこともあり、なんだかんだと本当に大変だったなぁと思い出します。

少しでも長く生きて欲しいという気持ちと介護の大変さとで複雑な思いでしたが、
獣医さんに「頑張ってるね、この犬」と言われたときは、自分が言われたような感じがしてとても嬉しかったです。

なので、老犬介護真っ最中の方に出会うと、応援の気持ちとともにずっと面倒みてくれていることに有り難く思います。
老犬の顔は子供の頃の愛くるしさとはまた違った、見ていてとても癒される顔をしています。
老犬の散歩姿を見かけると「飼い主さんも犬も頑張ってるなぁ」と心のなかでつぶやく次第です。

在りし日のうちの犬↓
f0354314_22201557.png

by yu-no-mori | 2017-01-24 09:00 | 動物 | Comments(0)