人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:料理、食べ物( 62 )

今週はお野菜を沢山頂いたので我が家は大根祭りをしておりました。大根とわかめの味噌汁、大根と鶏肉の煮物、大根菜とじゃこのふりかけ、大根菜のぬか漬け…と最近控えめにしていたはずのご飯がかなり美味しいラインナップ。。笑

糠は自然のハンドクリーム(北山)_f0354314_00080587.jpeg

その中でも久しぶりに食べて感動したのがぬか漬けでした。実家では母が大根本体だけでなく葉っぱの漬物もよく作っていたのですが私の地元はお医者さんの話だと食事の塩分濃度が他の地域に比べてかなり高いらしく、当然我が家の漬物も塩をしっかり使っているので沢山は食べられないものというイメージでした。かといって酸っぱいくらいになってしまうと少し苦手だな、とも。でもやっぱり自分で作ってみると美味しく食べられたりするのって不思議ですよね…( ^ω^ )

"ぬか漬け=めんどくさい"みたいなイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、今は冷蔵庫専用のぬか床(野菜を入れるだけ。混ぜるのも週1程度でok!)など、簡単に始められる商品も沢山あります。私が使ったのは近所のスーパーで買ってきた樽の味さんの熟成ぬか床という商品です。通常だとくず野菜を入れて1週間くらい毎日お手入れして…というような手間も一切不要で野菜を入れるだけと簡単でした。原料も国産で無添加、何より嬉しいのはぬか床を混ぜた後の手のスベスベ感…!!!確かに特有のにおいはしますがこれめちゃくちゃ感動します。もし皮膚が弱かったり、糠のにおいが苦手…という方は無理せず手袋などを使ってくださいね。発酵ぬかは無印良品なんかでも手に入るようですので機会があれば是非試してみてください。

by yu-no-mori | 2019-12-06 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
少し前、テレビをつけたら米田肇さんという料理人の特集をしていました。なんでも開業してミシュラン史上世界最短で三つ星を獲得したとのこと。
印象的だったのは、お肉を焼く温度を温度計を使って0.1℃単位で測っていたり、野菜を切るのにもいちいち物差しで測っていたことです。

な~んか変わったコックさんやなぁ…。もっと感覚的にやったらいいのに…なんて不遜にもテレビを視ながら思いました。でも番組の流れと共に段々その料理人のひととなりがわかり、なんだか納得するものがありました。
米田さんは前職がシステムエンジニアという全く料理とはかけ離れた職業だったそうです。そのためかどうかわかりませんが、料理学校では数学の公式のように料理に法則性を見出し克明にノートにとっていたとのこと。
でも現場ではどんくさくて全く役に立たなかったとか。それをカバーすべく寝る間も惜しんで努力され、そのお店でトップになり開業に至ったとのことでした。

デッサンから始まり、とても緻密に計算された料理作り。テーマ、アイデアは素晴らしく独創的で、どちらかというと芸術的であっても緻密な計算が必要な建築が出来上がる過程を見ているようでした。
そんな米田さんは、家では奥さんが感覚的にササッと料理をつくるため、米田さんが台所に入ろうとすると邪魔扱いされるという106.png
そう言えば鍼灸も感覚と思考を使っているなぁ…とふと思いました。

さてこの米田さんのお店、なんと大阪は肥後橋だったのですね~。
行ってみたい!とは思ったものの、お値段も中々なものでした105.png
私にとっては近くて遠いお店でした。残念109.png

三つ星料理人のドキュメンタリーを見て(岡)_f0354314_22565429.jpg

by yu-no-mori | 2019-10-21 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
京都のお土産“松風”ご存じでしょうか?小麦粉、砂糖、麦芽糖、白味噌を混ぜ自然発酵させたものを焼き、表面にケシ実をかけたお菓子です。見た目はカステラっぽく、食べてみたいなぁとずっと思っていたのですが、わざわざ自分用にお土産級のお菓子を購入するのはちょっと贅沢かなと、私には長年憧れのお菓子でした111.png
ところが、その松風をお得ににゲットできることが判明!亀屋陸奥さんでは、丸状に焼いた松風を切り分けた際に出た端っこを袋つめにして販売されてるのです。

おすすめ京都土産(自分用)(中平)_f0354314_10061432.jpg
松風徳用袋 ¥750177.png

早速買って来ました106.png切れ端ではありますが、むしろ色々なサイズが入っているので食べたい量が調節できてよい感じです。そのお味は、お味噌の優しい甘さそして予想外にもっちりした食感にびっくりしました。
亀屋陸奥さんのHPによると、松風は織田信長と石山本願寺の合戦のさなか兵糧の代わりとして用いられたそうです。たしかに1~2切れでも十分パワーがチャージされる感じがします。

お土産にしてはちょっとカジュアルなビジュアルですので110.png 、ご自分用のお土産としてお薦めです!

亀屋陸奥 京都市下京区西中筋通七条上ル菱屋町153
     8:30~17:00 水曜、1月1日~3日休業

by yu-no-mori | 2019-09-11 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
買っちゃいました♪( ´▽`)(北山)_f0354314_23495865.jpeg
おはようございます。皆さん、この家電ご存知でしょうか?



高さは15cmくらいととても小さいですが、グリーンハウスというメーカーが出しているコンパクト燻製器なんです113.png!!上の部分で燃やした木片の煙を吸い込んでホースの先から煙が出る仕組みになっています。少し深めのお皿やボールに食材を入れてラップをかけ、その中に煙をためて10分ほど待てばもう出来てしまうのです…!家の中でも使えて、操作も簡単なので季節の野菜やチーズを燻製にして楽しんでいます!((なんだかグリーンハウスさんの回し者みたいですが、全然そんなことはありません(´ε` )💦))

燻製は日本ではスモークサーモンや、BBQで食べるもののイメージですが、和食に欠かせない鰹節も燻して作られています。食材を燻すという調理方法は、実は石器時代から行われているんだそうです。当時は美味しく食べるため、というよりは食材を長期保存するために行われていて、現在のような形になったのは、およそ2000年前くらい。あれ?鍼灸の歴史と同じくらい…!そう考えると美味しく食べていた枝豆の燻製がなんだか凄いもののように思えてきました…(^p^)

by yu-no-mori | 2019-07-12 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)

梅ジャムづくり(中平)

夫が実家の梅の木から大量の梅を収穫してきました177.png梅干、梅ジュースを夫が作るというので、私は梅ジャム作りに挑戦してみることにしました。
以前松浦先生が手作りイチゴジャムをブログに書いておられましたが、梅ジャムも材料、作り方ともに超シンプルです102.png

材料は梅とグラニュー糖。作り方をネットで見てみるとグラニュー糖の量は様々だったので、梅2キロに対して私は少なめの600gで作りました。
これを鍋に入れてひたすらコトコト煮ていきます。最初梅が焦げるんじゃないかと心配になり、ほんの少~しだけ水を投入。気づいたら鍋の下の方の梅からどんどん煮詰まっていっています。

梅ジャムづくり(中平)_f0354314_15184871.jpg
  
煮だして20~30分たった頃

煮詰まってくると木べらで混ぜると種から果肉がポロポロ取れます。それでも種から取りきれない果肉がもったいなくて、種をしゃぶりながら種を鍋から出していきました111.pngこの種の周りの果肉が甘酸っぱくて美味しい!!

1時間ほどで完成177.png

梅ジャムづくり(中平)_f0354314_15190747.jpg

とっても簡単、自分好みの甘さの梅ジャムが出来上がりました102.png

東洋医学的に梅の効果を見ますと、梅の酸味には収斂(しゅうれん)作用といって引き締める効果があります。ですから夏の暑い時期、汗が出過ぎるのを防ぐことができます。また酸味は肝の臓の働きを助けるので代謝促進、疲労回復にも効果があります。
自分が作った梅ジャムですと、味も効能もまた格別な気がします110.png



by yu-no-mori | 2019-06-19 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
家で収穫するイチゴもそろそろ終わりかけ。
だんだん小さいものばかりになってきて、少し味も落ちてきたかなーと思ったので

イチゴジャムにすることにしました(*^^*)

ちょうどお弁当用に買ったレモンも余ってたので、家にあるものでできました110.png

いちごと砂糖とレモン汁という、とってもシンプルな材料です。
よく洗って水気を切ったいちごを鍋へ投入。そこへ砂糖とレモン汁を入れて
軽くまぜて、1時間ほど馴染ませます。
すると、いちごからも水分が出てきます。そうなれば弱火~中火でことこと煮詰めていくのみ。
自分で作れば甘さも調節できるのでおすすめですよ~113.png

お試しください109.png

手作りイチゴジャム(松浦)_f0354314_21333202.jpg


by yu-no-mori | 2019-05-18 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
先日、久しぶりの友人とランチした後に、和菓子のお店に入りました。そこは色々こだわりのあるお店だということで連れて行って貰いました。

新町のお店に着いたら、オープン当初から前を通りかかって知ってはいたものの、入ったことのなかったお店でした。
お店お勧めの栗の和菓子とお抹茶を頼んだのですが、和菓子1つ500円、抹茶と併せて確か1300円ぐらいして、内心エー!と思いました。この値段では大き目のケーキが食べられる…と、目の前の小さな和菓子を前にしてため息がでました^^;
でもそこの和菓子は食材からこだわりを持って作られているらしいです~。

お店は外から見た感じでは狭そうに感じたのですが、席についたら意外と広々と感じられ、コンクリート打ちっぱなしの超モダンな雰囲気を呈しています。
そんな店内で頂くモンブランの和菓子は、やはりとってもおいしかったですよ~。

こんなお高い和菓子屋さんですが、お客さんが次から次に買いに来られていて、皆さんいいものには値段を厭わないんやなぁ~とある意味感動しました。

最後に入ったトイレもまた空間をふんだんに使った茶室のようなシュールな様相で、トイレマニアの方には一見の価値がありますよ~。


こだわりの和菓子屋さん(岡)_f0354314_01524715.jpg

お店:大阪市西区新町 餅匠しづく

by yu-no-mori | 2018-11-26 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)

お気に入り食材(松浦)

以前から小1の息子が、給食の献立のもずくスープが好きやねん~と言っていたのてすが、生もずくって結構な大きさで売ってて、しかも、傷みやすいので開封したら
はやく使わないといけないので、なかなか買ってなかったのですが
先日スーパーで、小分け生もずくとやらを見つけました109.png
日持ちもするし、ほんと便利です(*^^*)
もずくスープが朝食の定番になりつつあります111.png
朝は少し肌寒いくらいになってきたので、朝からあったいスープはおすすめです110.png
奈良市の小学校では、早くもインフルエンザで学級閉鎖が出たそうです(;゚∇゚)
鍼灸治療で身体の陰陽バランスを整え、どんなウイルスも菌も入らせない身体を作る
ことが大切です!
是非、お役立てくださいねー


お気に入り食材(松浦)_f0354314_22120898.jpg

by yu-no-mori | 2018-10-27 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)

藁納豆(岡)

最近、納豆がマイブームとなっております。

好きな人は毎日食べてらっしゃるかと思いますが、私はひきわり納豆をたまに食べるくらいでした。
嫌いでもないけど、さほどおいしいとも思いませんでした。

ところが最近、藁でくるまれた納豆を食べて、初めて「納豆っておいしかったんやな~」と思いました。
けっこう大粒ですが柔らかくて、「塩で食す」とパッケージに書かれており、塩だけでホントおいしいです。
今までは醤油かタレを結構かけていたので、納豆自体を味わってなかったのかもしれません。

ちょっと値段は高めなんですが量が多いので、そんなにコスパは悪くないかもです。
普通のスーパーでは見かけないのですが、近所のイオンで売られてましたよ~。
藁納豆お勧めです109.png

藁納豆(岡)_f0354314_23182203.jpg


藁納豆(岡)_f0354314_23220494.jpg


by yu-no-mori | 2018-08-27 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)
ひさしぶりのおすすめお土産情報です102.png今回は東京danoのショコラドプレッソ177.png

おすすめ!東京土産(中平)_f0354314_16240235.jpg
(5個入り¥496税込み)


ティラミスケーキです。とってもしっとりとしていて濃厚!とてもお土産物とは思えないレベル。今日ケーキ屋さんで買ってきたケーキと言っても信じられます。一つで十分満足の濃さですが、もうちょっと食べたくなる美味しさ。小分け包装のお陰で食べ過ぎが防げます106.png

調べてみると、店舗は東京駅、品川駅、新横浜駅、羽田空港。あとはオンラインショップのみのようです。
ケーキ屋さんのケーキよりは安くてこの美味しさ。お土産物のお菓子って、進化・進歩してますね179.png


by yu-no-mori | 2018-07-18 07:00 | 料理、食べ物 | Comments(0)