大阪市・長堀橋「鍼灸 柚(ゆう)の森」の鍼灸師たちが思いのままに綴ります。


by 鍼灸柚の森
カレンダー

カテゴリ:鍼灸と東洋医学( 144 )

母ちゃん頑張る(松浦)

先週末は住んでいる地域の秋祭りでした102.png
子供たちは楽しみにしているので、土曜日仕事を終え
帰宅し昼御飯を済ませ、だんじりへ、、、119.png
15時から始まり、長男は友達と一緒に曳き、下の娘はまだ小さいので、私と一緒に
張り切って曳いてきましたが、始まって15分ほどで「疲れた、、、」と149.png
仕方なく抱っこしてだんじりに付いていくことに。
娘は16時半まで曳かせて、夕飯準備に一度帰りましたが
長男は17時半まで曳いて、子供会の夕食会へ行き19時からまた曳きます103.png
19時からまた出掛ける長男を見て、娘も「私も行く‼️」と、、、145.png
張り切って曳いたのも束の間、「ママ疲れた~抱っこして」(;´д`)
結局、最後にもらえるお菓子も欲しいというので、抱っこして付いてましたが
そのまま就寝😪💤💤おっ重い、、、
13キロを担いで、坂を登り、30分以上歩くはめになりました(^_^;)
腕も腰もパンパンですでに筋肉痛(笑)
翌日は朝から勉強会で、体表観察の練習で受ける方になるため寝ようとすると
「アイタタ、、、」と声が出てしまい、ペアを組んだ先生に心配をおかけしてしまいました(^_^;)
勉強会を少し早めに切り上げ、再びだんじりへ、、、(笑)
主人にとって日曜日は唯一の貴重な休み。ほぼ6日間寝不足で仕事してるので
ゆっくり身体を休めてもらいたいので頑張りました😅

私もさすがに疲れましたが、このところ眠いのに熟睡できず、睡眠の質が悪い日が続いており、疲れが取れない状態でした。
そこで、久しぶりに自分で鍼をしてみましたが、やっぱり朝の目覚めが違いました😆
やっぱり睡眠大事ですね、、、
秋も深まりつつありますね。朝晩の冷え込みもきつくなってきました。
乾燥と冷えに注意しましょうね🎵

f0354314_23151335.jpg



by yu-no-mori | 2018-10-20 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

嬉しいお便り(中平)

以前通われていた患者様よりお便りが届きました102.png

お久しぶりです。以前通院させていただいていた〇〇です!!H29.12.25なんとクリスマスの日に元気な男の子を出産しました。産後色々状況が変わり、引っ越しして今は△△県に住んでいます。産後は体調不良が続き、鍼に行きたいなぁ…とふっと思っていました。(略)・・・ご報告が遅くなってしまいましたが、無事子供が産まれた事、お伝えしたくて手紙を書きました。(略)・・・あの時、鍼灸で体の調子を整えてもらったから、赤ちゃんも授かれ、無事に産まれてくれたと思っています。先生、本当にありがとうございました。

f0354314_16284151.jpg

この患者様は多嚢胞性卵巣で生理がなかなか来潮しないといった状態でしたが、昨年春に自然妊娠、心拍が確認された頃鍼灸治療は卒業となりました。とってもかわいい男の子の赤ちゃん162.png お顔から幸せが溢れていてますね102.png

f0354314_16283459.jpg

患者様の喜びの声は治療者にとって何よりのご褒美です106.png子育てお忙しい中ご報告有難うございました!お便りでパワーを頂きました。益々鍼灸頑張ります166.png

by yu-no-mori | 2018-10-17 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

急性症状(松浦)

この前の火曜日にようやく運動会が終わって
ホッとしている松浦です119.png
運動会の日は、ノースリーブで大丈夫なくらい暑かったのに、昨日は電気カーペットを出して、ボアシーツを出して、いきなり冬支度です(笑)

こんな忙しい気温のせいもあるのか、ここ最近は
身体の上半身に緊張や熱が片寄って、下半身が軟弱になっているような状態の人が多かったように思います。

この間は、奈良の鍼灸院のスタッフがぎっくり腰のようにな状態になってしまって、続けて治療することがありました。きっかけは、時間に遅れそうになって少し走ったという些細なことでした。
何とか2日後の仕事には来てもらえる状態にはなって
ホッとしましたが119.png
このような急性の症状をみると、まだまだ自分の足らないところが見えてきます…見たくないけど(笑)






by yu-no-mori | 2018-10-13 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

授乳中のママさん(松浦)

先日、3ヶ月の赤ちゃんのママさんが治療に来られた時のこと。

授乳中に背中が痛くてしょうがないとの事。
ご主人も帰りが遅く、同居もされているんだけど、ママから離れると赤ちゃんが泣くので、少しの間でも預けられず、日中ずっと赤ちゃんと二人きりで、ものすごくストレスを感じておられます。
このようなママさん、多いのではないでしょうか❔

私も、特に一人目の子育て中は余裕もなくて、自分のガス抜きの仕方が分からないし
ずっと赤ちゃんとこもっていることが多かった気がします。

体表観察すると、背中の一部分が熱くて緊張がきつい。
背中の一穴に鍼をしてしばらく置鍼
鍼を抜くと、黒っぽい血が出てきました。
仰向けに寝てもらうと「あー背中らく~ 」と102.png

その後は、愚痴も含めて少しお話を聞きました(*^^*)
まだ普通に会話のできない赤ちゃんとずっと二人きりって以外と辛くて
ちゃんと会話ができることが何気に嬉しかったりします119.png

身体がゆるむと、心にもゆとりができます。
頑張るママさんにもぜひ、鍼灸おすすめしますよ~☺️


by yu-no-mori | 2018-09-29 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

続・首の痛み(中平)

大杉先生のブログにもありましたが、最近首・肩まわりの痛みを訴える患者さんが増えています。原因の一つとしては気温差がありますが、大杉先生の患者さんのように激しい運動負荷による場合もあり、その原因は患者さんによって様々です。

そして私自身も先日、突然首に痛みが発症しました122.png休日に夫の運転する車に乗っていたら、じわじわと首から肩に痛みが。車の中でじっとしていたから凝ってきたのかなと、手で軽くほぐしてもその時はましになるのですがすぐ元に戻ります。痛みはだんだん背中にも広がってきました。日帰り温泉に入る予定だったので、温もったらましになるかなと期待して入浴。お風呂の中でストレッチをしたりマッサージをしたり。「あ~気持ち良かった。痛みもましになったような・・・」と車に乗っていると、またじわじわと痛みが137.png あ~やっぱり原因はあれか・・・と帰宅後早速自分に鍼治療。痛みの範囲が縮小されてかなり改善できました177.png少し違和感は残るものの、痛いというレベルではありません。

私の場合の原因は夫へのイライラです106.png一緒に出かけてもポケモンGOばかり。話かけてもちゃんと聞いてくれていません132.png 今回の首痛の様に、心から身体に影響を及ぼすことはよくある事です。そしてその原因の心にアプローチするのに鍼灸はとっても有効です。マッサージしても、薬を飲んでも治らない。そんな症状にはぜひ鍼灸を試して頂きたいです。
本来の原因(?)である夫は治りませんが、身体が楽になると心も楽になりますね179.png




f0354314_16231654.png

by yu-no-mori | 2018-09-19 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

首の痛み(大杉)

おはようございます101.png
今日は患者さんからの喜びの声を紹介します102.png

20代の女性でお悩みの症状は首の痛みという事で治療。

10日間ずっと痛みがキツく、お話しを伺うと激しい筋トレをした後から痛みが出現したとのこと。

お身体を見させて頂き、反応のある手のツボに鍼を一本!

治療後、痛みの程度は10(治療前)→5(治療後)に減少。
首を動かすのも辛そうでしたが、治療後は動かせる範囲も広がりました。

治療翌日には痛みの程度は3ぐらいになり、さらに翌日には痛みはほぼ無くなったと仰ってました。

東洋医学は身体全体のバランスを整え、その人その人に合った治療を行いますので、肩コリや腰痛だけではなく内科、婦人科疾患などにも対応しております。

ぜひ、鍼灸をお試しあれ169.png

f0354314_22293354.png

by yu-no-mori | 2018-09-18 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

双子の妊婦さん②(松浦)

先週のブログに書いた双子の妊婦さんですが
治療後の翌週の36週の検診で、二人とも頭位になりました‼と報告を受けました165.png
主治医の先生からは、もう戻らないだろうと思ってたのにと言われたそうです(笑)
これで分娩のリスクも軽減できたようなのでひと安心162.png
あとは陣痛が来るのを待つのみです114.png
一人でも大変だと思ったのに、二人を続けて産むなんて想像できませんが…無事に生まれて来てくれることを祈ります110.png

f0354314_21574775.jpg


by yu-no-mori | 2018-09-15 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

双子の妊婦さん(松浦)

今年の5月から月1回くらいで治療に来てくれてる妊婦さん。
もともと、お腹、腰回りの冷えが主訴で治療に来られました。
お腹の赤ちゃんはは双子ちゃんです162.png

途中血圧がものすごく上がったり、動悸や息切れ等がありましたが
35週の現在は落ち着いています102.png
いつもは治療に来てもらってましたが、さすがにお腹が大きくて運転しづらいとの事で
昨日は往診にいってきました174.png
双子の場合は帝王切開とばかり思ってたのですが、二人とも頭位(頭が下)の場合は
自然分娩できるそうです。
この妊婦さんの場合は一人が逆子で一人が頭位、、、119.png
鍼灸治療中、私の手が弾むくらい元気に動いてましたが、、、
逆子ちゃんの方が戻ってくれるといいなぁ177.png

主治医の先生がいうには双子の場合、37週までに産む方が産後の状態も良いそうで
来週中に陣痛来なければ、管理入院になるそうです。
どちらにせよ、ママと赤ちゃんが元気にご対面できることをお祈りします110.png






by yu-no-mori | 2018-09-08 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
「先生、背中にアテローム(*)がまた出来たかもしれません」ある日の診察時、患者さんからその様な報告がありました。
診察してみると確かに右の背中外方、皮膚の下に小さくコリっとした塊が出来ています。7年前にも背中の別の場所にアテロームが出来たことがあり、痛くはなかったので経過観察としたところ少しずつ大きくなり、3年後にはズキズキ痛みだしたので切除した経験をお持ちです。
今回も痛みはないのですが、また前回と同じように手術しないといけないのかと不安なご様子。

固さと熱感があり、出来ている位置が精神的ストレスの反応が出やすいツボのすぐ近くです。この日は熱を冷まして緊張を緩める治療を行いました。1週間後来院された際は、熱感なく固さもかなりとれていました。引き続き緊張を緩める治療。3日後来院された際は、どこにあったかな?とおもうほど塊は見当たりません177.png
あれから半年経ちましたが、再発なく過ごせています。発症後すぐに治療できたのが早期治癒につながったのだと思います。

いつもは腰痛・膝痛をメインに体調管で来院されている患者さんです。今回のアテローム(かどうかは病院の診察を受けていないので病名は不明ですが)の様に、主訴とは違う突発的症状にも鍼灸は有効です102.png


*アテローム・・・皮膚の下に袋状の物ができて、本来は皮膚から剥げ落ちる角質や皮脂がこの袋の中にたまってできる腫瘍の総称。


f0354314_18030912.png

by yu-no-mori | 2018-09-05 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
先日は北辰会の打鍼研修会に私も参加しました。
打鍼は楽器を扱っているようで楽しいです。
槌の種類によって音が違うし、打ち方によっても音が違います
講師の先生がたが打つ音は綺麗な澄んだ音で独自のリズムがあって聞いていて心地よいです。

お腹の上に先の丸い太い鍼をあてて木槌でコンコン叩打されると、とても心地よい振動がお腹に伝わってきます。
楽しいし、心地よいから子供にはうってつけです。

研修会で打鍼を受け、肋骨弓の辺りを叩打されたら、少し時間を置いてから肩の辺りがポカポカしてくるのを感じました。
何故肩かな?と思いましたが、北辰会が扱っている夢分流の腹診ではお腹に人体全体を当てはめていて、肋骨弓の下辺りは人体図の肩にあたるのを思い出しました。
このお腹の上の人体配当図、伊達じゃないなぁ…などと不謹慎にも思ったりしました。

打診の鍼は使用頻度によってズッシリ感が違うようで、わかる先生がたにはわかるようです。鍼は嘘をつけないようですね119.png

f0354314_00493308.jpg



by yu-no-mori | 2018-09-03 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)