人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:鍼灸と東洋医学( 174 )

おはようございます😃

7月14日は(一社)北辰会の勉強会に参加して来ました😆

午前中の講義は座学でした。
一コマ目は准講師で名古屋市で開業されている田淵大輔先生による「経穴解説 肺経、大腸経、胃経」。
2コマ目は准講師で大阪市で開業されている古田久明先生による「経穴解説 脾経、心経、小腸経」でした。

経穴解説とは、各経絡に属している1つ1つのツボを理解する為の講義です。

我々が所属している北辰会では少数鍼治療(1本〜3本)が特徴なので、局所や全身に鍼を打つ治療より、1つ1つのツボに対する理解が必要です!

印象的だったのは、機械的にツボの位置や効能を丸暗記するのではなく、教科書的なツボの位置も大事だがツボの広がりや表情を正確に読み取るそのツボがなぜそのような効能が現れるのかを考えるというお言葉でした!

なんとなくツボに治療を施したのと、上記のように意識して治療を施したのでは、治療効果に明暗がわかれると思います。

講義は1つ1つのツボに対する解説やお二方の日々の臨床経験、講義資料を作成するにあたって勉強された事などわかりやすく講義して下さり、ツボに対する理解が深まりました👍🏻


午後の講義は、体表観察実技でした。
今回は、原穴診と背候診でした。
原穴診(げんけつしん)とは、手足のツボを診る診察法で、背候診(はいこうしん)とは背中のツボを診る診察法です。

北辰会では、患者さんを治療する上で臓腑と経絡をとても重要視しており、どちらの診察法も臓腑と経絡に関わりますが、原穴診は臓腑より経絡に関わり、背候診は臓腑の反応を示す事が多いです。
治療をする上でも、特性を考えて治療を行わなければなりません。

実技は二人一組で行い、不明な点を担当の講師の先生に確認してもらいます。

色々とご指導して頂きありがとうございました😊
今日からの臨床に活かしていきたいと思います✨


f0354314_23073764.jpeg

by yu-no-mori | 2019-07-16 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

優しくなれる鍼(松浦)

少し前から継続してきて下さっている30代女性の患者さん。

お子さんがたくさんおられて、みんな別々の習い事をしているので、それぞれの送迎や学校の役員もありで毎日多忙。
「鍼に来る日が楽しみで、ここが唯一の癒しなんです」と言って来て下さってます。
ご主人にストレスを感じることが多いようで、当たってしまうことがあるとおっしゃっていたのですが(^^;

先日ご主人から「鍼に行った日は優しいよな」と言われたそうです(笑)

そこまでは良いのですが、「もっと行っといで!」と言われたそうで…

「行くよ行くよ!でも、なんかそう言われるとイラっとする136.png 」と患者さん。

一言多かった…(笑)

鍼をして、表情や雰囲気が柔らかくなることはよくあります(^^♪
家庭円満にも貢献できるよう頑張りたい思います110.png
f0354314_23362417.gif










by yu-no-mori | 2019-07-13 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

子供の発熱(松浦)

蒸し暑いジメジメした日が続きますね。

お子さんの体調不良もよく聞きます。という我が家も娘が木曜日の夜に39℃発熱しました( ;∀;)
木曜日はいつも夕方スイミングがあり、この日も張り切って元気に行きました。
帰宅後、娘は離れで過ごし、私は母屋で夕飯の準備。母屋はエアコンがなく
離れは主人がすでに帰宅しておりエアコンがついていてかなり涼しかったと思います。
スイミングの帰りで髪が濡れていました。(次からちゃんと乾かそう…)
頭は陰陽でいうと陽の部分、冷やし過ぎると風邪をひきます143.png

夕食を食べている最中に「しんどい」と言い出しました。
半分くらい残して、ずっとごろごろしていました。
その後、祖母にトイレへ連れて行ってもらい排便。

寝る用意をしている時に身体を触ると、手足は少し冷えてる。汗なし検温39℃…。
翌日は自分が治療に行こうと思っていたのに145.png
とりあえず治療してあげて、明日は保育園休ませて一緒に治療に連れて行くことにしました。
熱が高いのと眠いのか、ぐったり疲れた様子。
熱が高いので、先に刺さない鍼で清熱、そして風邪の治療。
しばらくすると背中にじわっと発汗してくる。タオルで拭いて、新しいタオルを入れておく。
翌朝、頭からも発汗している。検温36・8℃。良かった下がった!(*'ω'*)!
病み上がりだし、「保育園今日は休んでいいよ」と伝えましたが本人「絶対行く!行きたい!」と119.png
「ちょっとでもしんどくなったら先生に言うんやでー」と言って送り出しました。

夕方帰宅して「給食減らしてもらった?」と聞くと首を振り「減らしてない!今日は一番に食べ終わった!」との事103.png
心配して損したわ(^^;このまま週末ゆっくり過ごしたいですが、今月から息子が少年野球チームに入ることに…。

本人がどうしてもやりたくなったそうで、ここ最近ずっと言われてきました149.png
水土日練習、親はお茶当番有り…。土曜日は私も主人も仕事、日曜も時々勉強会等考えて先送りしていましたが
大人の都合でせっかく自分でやりたいと思っている気持ちを無下にするのも…等いろいろな
思いがありましたが、頭でごちゃごちゃ考えるのも面倒になり、とりあえず入ってから何とかすりゃええか!という勢いで入りました(笑)

どうなることやら…息子よ頑張っておくれ~母も頑張るさ~119.png


f0354314_23091971.png






by yu-no-mori | 2019-07-06 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

逆子(松浦)

35歳 32週と2日。第3子妊娠中。

前回の検診の際に逆子発覚。
第1子は経腟分娩、第2子逆子のため帝王切開。この帝王切開の際に術後とても痛くて辛かった。
今行ってる産婦人科は、一度帝王切開してても、問題なければ自然分娩させてくれるとの理由で選んだ。
このような経緯もあり、とにかく不安でしょうがない妊婦さん。

21日初診。胎動がいろいろなところで感じるのでどんな向きになっているか分からない。
お腹を触って確認すると、左肋骨下あたりに硬い頭らしきものが触れる。お尻が下で、V字のような体勢をとっているよう。
前回の検診でもそのような向きだったとの事。
私が体表観察を始めると、とにかくガンガンお腹が変形するくらい蹴ってくる105.png
素足で冷たいものなども気にせずとっているので、足元を冷やさないように靴下は履いてねと伝える。

2診目27日。明日検診34週。まだ治ってる気がしないとの事。
お腹を触診すると、私が触る限りは上に頭らしきものは触れず。下腹部に頭らしきもの触れる。
逆子治ってるっぽいけどな…と私119.png
妊婦さん自身、胎動がいろいろなこ所で感じるのと、グルんと回った実感がないのでいまいちわからない。
明日検診だし、「焦ってます145.png 」とおっしゃるので、焦る気持ち、わかるけど、この焦りが余計に治りにくくなります。

28日朝、妊婦さんから「治ってた!113.png」とメール届く。
私もホッとする(笑)
治療終わりでも良いよーとお伝えしましたが、予防のためにもうしばらく診てくほしいとの事で
鍼灸治療は続けられます。

2人目、3人目となってくると、だんだんズボラになり、一人目であんなに気を付けていたのに…ということはよくあります119.png
これからの時期、暑くて素足でサンダルが多くなりますが、案外冷えるので、できれば靴下を履くことをおすすめします。

f0354314_00001863.jpg






by yu-no-mori | 2019-06-29 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
昨日は北辰会の勉強会でした。
昨日も色々勉強になりました。
午前中は大黄という漢方薬の材料とそれに相当するツボの講義でした。
まぁ鍼灸の学びでもアップアップしているので、もう漢方薬のことはもっと後まわしでいいかなぁ…なんて思ってしまうところですが、こうやって一つの生薬とそれに対応するのではと思われるツボなどをクローズアップして講義していただくと、不思議とその生薬とツボに俄然興味が湧き、親しみを覚えるのが嬉しく有り難く思います。
何事も取っ掛かりって大事ですね~。
午後は新風先生の臨床デモ。流れるようなスマートな手さばきで、ただただ見入るばかり。
何ごとも極められたものというのは芸術的やなぁとつくづく思った次第です~。
それから体表観察の練習。
みんな真剣で熱気が溢れていました~174.png

f0354314_00450110.jpg

by yu-no-mori | 2019-06-17 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

腰痛(松浦)

少し前から主人が急に身体を鍛え始めた118.png
腕立てをしたり、器具を使ったり、懸垂用のバーをガレージに取り付けたり(笑)
50歳になり、身体の衰えを感じ始めたのでしょうか103.png

身体を鍛えるのは良いのですが、筋トレはいきなりやると特に身体を傷めやすいので
要注意です。本当はゆったりとした散歩くらいから始めたらよいのですが、、、
やる気になってたので水をさすのも悪いかと思って「気を付けてねー」くらいしか言わなかったのですが、、、数日後、腰を傷めてました(笑)

助けを求められましたので、治療することにしました。
体表観察をして、1ヶ所に鍼をしました。
腰全体が冷えてたのが、あったかくなってきて、腰全体に重たいのが
ましになってきたと。
翌日、だいぶましになってきたけど、仕事中運転してると
振動で痛くなってくるようで、もう一度治療して、全快しました110.png

まだまだ子供も小さいので、子供の友達におじいちゃんと言われないように
頑張ってほしいです(笑)

f0354314_22214940.jpg

by yu-no-mori | 2019-06-15 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

鍼が好きな娘(松浦)

相変わらず毎晩寝る前に「鍼して~」と言ってる3歳の娘…😅
娘は刺す鍼も平気なので「今日は刺して~背中で」とも言ってきます(笑)場所まで指定…。
一時期は親子スキンタッチで使うスプーンでなでなでを気に入り、そればっかり要求されたのですが…😅ママ鍼灸師からすると、とても複雑な気持ちでしたが…(母ちゃんは本物の鍼使えるんやで~と😂)
子供は気の巡りが早いので、鍼を刺しても、そんなに長くは置きません。鍼が刺さって気持ち良さそうにじっと寝てる娘を見てると、こちらも幸せな気持ちになります110.png
これからの季節、手足口病やプール熱、ヘルパンギーナ等の感染症も増える時期です。
手洗い消毒ももちろん大事ですが、普段から食べ過ぎ等で熱を籠らせてる身体は、このような感染症にもかかりやすくなるので、しつこいものを食べ過ぎないようにしておくことも大切です。子供はすぐに食べ過ぎちゃいますので105.png💦
あとは、ぜひとも鍼灸も予防にお役立てくださいねー👍




by yu-no-mori | 2019-06-08 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

便秘(大杉)

おはようございます😃

患者さんからの喜びの声を紹介します。

8歳の女の子でお悩みの症状は便秘という事で治療。

4月から小学校3年生になり、クラス替えがあり、クラスが変わって辛かったのが仲の良かったお友達と離れてしまったとのこと😢
本人も「クラスに馴染めるか不安」や「学校に行こうと思うと緊張する」と言ってました。
お母様からは、元々人見知り傾向だと伺いました。

症状としては平日はほぼ大便は出ず、休日になると大便が出てスッキリするとのこと。

これまで、概ね大便はきっちり出ていたのでお母様も心配になったそうです。

実際にお身体を診させて頂き、お腹のあちこちに緊張がありました。

まだ、小さい女の子なので鍼は刺さず、「打鍼」という鍼を刺さない治療を行いました😊

治療翌日、平日でしたが朝学校行く前にスッキリ大便が出たとお母様からご連絡がありました。

その後も治療は週に1〜2回行い、また本人も少しずつクラスで仲の良い友達が増え学校に行くのが楽しくなった影響か平日もほぼまいに大便が出るようになりました😆

東洋医学的に肝の蔵は全身の気の巡りを良くする働きがあります!
今回の症例では、クラス替えによる馴染めるか不安や緊張、ストレスもあったように思います。
その結果、気の巡りが悪くなり便の出が悪くなったと思います。

治療によって、気の巡りが良くなり、また新しいお友達が出来て学校が楽しいと思えた事も良かったと思います😁


東洋医学は身体全体のバランスを整え、その人その人に合った治療を行いますので、肩コリや腰痛だけでなく、今回の症例である便秘や内科疾患、婦人科疾患などにも対応しております。

ぜひ、鍼灸治療をお試しあれ👍🏻

f0354314_22434687.jpeg

by yu-no-mori | 2019-06-04 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

眼瞼痙攣(松浦)

つい最近治療させて頂いた方が「眼瞼痙攣」という病気の方でした。
症状は眼が開けにくい、乾く、眩しい等のため、ドライアイと間違えられやすいそうです。実際は、瞼の開閉を制御している脳の神経回路の異常です。
現代医学では根本的な治療はなく、対症治療のみだそうです。

この患者さんはこの診断名がつくまでに約4年もかかったそうです。
眼科、脳神経外科、心療内科等々行かれて、精神的なものだと判断されたり、、、
日常生活にも支障があり、とてもお辛い様子がよく分かりました。

私の友人から鍼灸のことを聞いて治療に来られました。
鍼灸を受けるのは初めてとの事で、少し不安そうでしたが
問診、体表観察をして、1ヶ所に鍼をしました。
鍼を抜いてもう一度体表観察したときに、身体の緊張が緩んだのを実感されて
「すごい⁉️」と驚かれていました150.png

養生指導をして、治療に時間はかかると思いますとお伝えしましたが、帰るときには
とても喜んでくださいました113.png

まだ症状がなくなったわけではないですが、こんな時にこそ、東洋医学の出番だな✨と改めて思いました(*^^*)






by yu-no-mori | 2019-05-25 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
おはようございます😃

5月12日は(一社)北辰会の勉強会に参加して来ました!

午前中は実技。
ベテランの先生にマンツーマンで指導して頂きました。
全身を診て、ツボの反応の取り方、ツボの反応をどう全身にリンクさせるかなど大変勉強になりました😊

午後は症例検討会。
北辰会に所属している医師による鍼灸、漢方を併用した3症例が発表されました。
3症例とも見事に短期間で症状が緩解された症例でした✨
会場からも様々な質問が飛び交い、そのどれもが素晴らしい質問で、気づきを与えてくれました。

私が所属する北辰会では、ドクターコースというものがあり、医師、医学部生が鍼灸を学んでおります。
内科、小児科、麻酔科など様々な分野の医師が所属しております。

最近では、東洋医学を取り上げた番組も少しずつ増えてきたように思います(内容はさておき・・・笑💦)
けど、こうやってTVで取り上げて頂けるのは嬉しいかぎりですね😆

今回の症例のように、積極的に医師の方が鍼灸や漢方を用いて治療を行い、効果を上げていくと、少しずつ東洋医学に対する見方も変わってくるように思います。

今回の勉強会には、初めて参加された医師もおられたと伺いました。
勉強会に参加され、東洋医学の良さも理解して頂けると幸いです😁


f0354314_23390317.jpeg

by yu-no-mori | 2019-05-21 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)