人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー

<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

中平先生に続き、私もアート系ネタです。
先日、京都文化博物館主催のイングリッシュ・ガーデンという催しを見に行ってきました。

英国風庭園を再現してるのかなぁと勝手に思い込んで見に行ったのですが、
さにあらず、ボタニカルアートという植物研究用の細密画が展示されていました。
花の美しさを描くというより、植物をじっくり観察して精密に描いているという感じなのですが、
それはそれで独特な魅力がありました。

私が特に魅かれたのは今から200年ぐらい前のイギリス植物学者が企画した
「フローラの神殿」という植物図鑑から選出された作品達です。
花のバックに背景が描かれていて、花から目線の背景になっており、
花の存在感が強烈であたかも何か意志を持っているような感じに見えてきます。

これらの絵を所蔵しているイギリスのキュー王立植物園のビデオも流されていました。
緻密に計算され設計された庭園は日本庭園とはまた違った美しさがあります。
一度、訪れてみたいものです…。

(京都文化博物館主催:イングリッシュ・ガーデンは6/26まで)

ボタニカルアート (岡)_f0354314_10582499.jpg

ボタニカルアート (岡)_f0354314_11164391.jpg







































「フローラの神殿」より(サボテンらしいです。)

写真(下):町田市立国際版画美術館よりhttp://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2014-234


by yu-no-mori | 2016-06-07 09:00 | 旅、お出かけ | Comments(0)

大阪の職人(中平)

身の回りには物があふれ、そしてその多くが大量生産で安く手に入れたもの。
それはそれでよい点もあるのですが、やはり“本物”は違います!
それを実感したのが、大阪歴史博物館で開催中の「近代大阪職人図鑑」072.gif

大阪の職人(中平)_f0354314_15263168.jpg
根付や陶器、刀、花瓶・・・職人による様々な逸品を見てきました049.gif
数ミリの穴の空いた根付、その穴の中になんと彫り物が!!一体どうやって作ったの??

その道のプロが精魂込めて作った作品は、迫力が違います。作品にパワーがあります。

いつもはいろんな物を安く使い捨て感覚で買っていましたが、これからは少しずつ“本物”を身の回りに置きたいなと思いました。

近代大阪職人図鑑は6月20日まで開催です。(火曜日休館)
by yu-no-mori | 2016-06-06 09:00 | 旅、お出かけ | Comments(0)

ケンミンショー(松浦)

昨日、たまたまテレビをつけると
ケンミンショーで奈良県民の熱愛グルメで「柿の葉寿司」が
紹介されていました003.gif

奈良県民ですが…私は年に一度食べるか食べないかです(笑)
しかも頂き物で…。
テレビを見ながら「へぇ~」と思ってました^^;
しかも、鮭、サバ、真鯛は知ってましたが、ノドグロ、あみえびもあるそう011.gif
そして柿の葉寿司の食べ方で、トースターで5分程焼いて食べると
また違った感じで美味しいそうです(^^)

普段はあまり食べたいなぁとは思いませんが、テレビを見て
試してみたくなりました^^;
近くにお店はあるので、買ってこよっかな♪
奈良にお立寄りの際はぜひ~072.gif
ケンミンショー(松浦)_f0354314_23173941.jpg

by yu-no-mori | 2016-06-03 09:00 | 雑記 | Comments(0)

顔で分るあなたの身体

「柚の森便り」更新しましたemoticon-0155-flower.gif
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズの第7弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸柚の森があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日・15日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


顔は全身の縮図。臓腑が病めば、該当箇所が青白く色が抜ける、赤くなる、艶がなくなる、ニキビができるなどの反応が現れます。


顔で分るあなたの身体_f0354314_09464770.jpg


鍼灸 柚の森emoticon-0155-flower.gif長堀橋駅から東へ徒歩3分

   大阪市中央区南船場1丁目10-19アクトセンバビル403号
   06-6210-4886
   ご予約はお電話または
こちらまで






by yu-no-mori | 2016-06-02 09:00 | 柚の森便り | Comments(0)