人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森

<   2018年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

自転車修理(中平)

先日自転車で帰宅途中、ガクンという音と共にペダルが効かなくなりました。数日前にもチェーンが外れて夫に治してもらったばかりです。夫に電話して修理道具と共に来てもらいまた修理。夫曰く「外れないようにきつく取り付けたんやけどなぁ。何があかんのかなぁ??」取り合えずこの時はまた復活したのですが、さすがに短い期間で壊れたのでちゃんと自転車屋さんで見てもらうことにしました。

「これチェーンはまってないで」「ええ??」自転車屋さんによると、かなり古い自転車なので各部品の劣化が激しく、どうもちゃんとチェーンを挟めなくなっているとのこと。部品の取り換えと工賃でなんと¥7720!!145.png「買い替えを考えてもええ値段やね」と自転車屋さん。た、確かに・・・しかしこの自転車、春先に夫がタイヤやらブレーキやらをメンテナンスしたばかり。その際の部品代で約5000円は出費したはず。鍵もこの前取り換えたばかり。(ブログ「自転車のカギ」ご参照ください。)しかも自転車屋さんによると、他の箇所も不具合が出てきていて遠からず修理が必要になるであろうとのこと。その際は部品と工賃で5000円位はかかるらしいと。149.png

今もう買い替えるべきか、それとも修理するか・・・もう買い替えたほうが良いかもと思いつつ、修理をお願いしました。なんせこの自転車は亡き義母が使っていたもの。せっかく夫がメンテナンスしたのですし、もう少し頑張ってもらう事にしました。積み上げたら新品を買える値段になるかもしれませんが、修理することで新車に近い状態になるのだから決して損ではない(のかな?そう思うことにしました106.png

今の時代は修理より買い替えるほうがお金がかからなくなっていますね。それでも愛着のあるものはいつまでも使いたいものです。今まで乱暴に乗っていたことを反省し、次の修理が少しでも遠い日になるよう毎日気を付けて乗るようになりました110.pngみなさんだったら、買い替えますか?



自転車修理(中平)_f0354314_16004101.png

by yu-no-mori | 2018-06-13 07:00 | 雑記 | Comments(0)

真剣勝負(大杉)

おはようございます102.png

さて、いきなりですが皆さん何か趣味ってありますか?

私は「スポーツ観戦」が趣味です110.png

まもなく、サッカーのW杯も始まりますね。

スポーツ観戦が趣味の人にとって、その醍醐味は凄いプレーが見れて楽しい、贔屓にしているチーム・選手が勝つと嬉しい気持ちになる、感動するなど色々とあると思いますが、私は相手に勝つ為に想いと想いがぶつかり合う「真剣勝負」が楽しみで色々なスポーツを観戦しております。

私は今年の3月まで3年間、奈良にある藤本連風先生(北辰会代表、藤本漢祥院)の元で修行をしておりました。

師匠の治療をしている姿を見ていると鍼一本で患者さんの病に対する不安、苦しみなどに立ち向かっている姿はまさに「真剣勝負」そのものでした。

私も鍼灸の道をこれまで以上に真剣に取り組みたいと思います。


真剣勝負(大杉)_f0354314_15253102.jpg




by yu-no-mori | 2018-06-12 07:00 | 雑記 | Comments(0)

江戸の戯画展(岡)

江戸の戯画展(岡)_f0354314_21051967.jpg


先日、大阪市立美術館で催されていた江戸の戯画展に行ってきました。
昔の漫画みたいなもんでしょうか…?
素朴な色使いが綺麗でした。
どれもこれもおどけた絵ばかり。

印象的だった地獄図巻では、あの世でところてん屋さんがところてんとして筒のなかにいたり、魚屋さんは自分が蒲焼にされたり、桶屋さんは自分が桶の一部と化していたり…等々、自分の行いが、また自分に返ってくるという風刺的な要素もあり面白かったです。

金魚やネコやカエル、ネズミなど生き物が擬人化されて描かれているものもたくさんありました。
擬人化というよりも、人間でない生き物で描かれてはいるものの、やっぱり人間の庶民の生活をユニークに生き生きと描かれている感じでした。

江戸の戯画展(岡)_f0354314_21125198.png

(金魚の戯画のレプリカです)


赤穂浪士の討ち入りなども、おどけた感じで描かれていました。

とかく人間社会って深刻な状況に陥ったり、喜んだり、悲しんだり、落ち込んだりなどその世界にどっぷり埋没したりしますが、人間をカエルやキツネやネコなどに置き換えるだけで、「カエルが深刻ぶってるわ~」とか「金魚が自慢してるわ~」とか、「ネズミだけど何か?」みたいな戯画的な気分になるかも…と思い、たまにこうして自分たちを客観視してプッと笑い飛ばせたらいいなぁと思いました。

(大阪市立美術館で催されていた江戸戯画展は残念ながらこの6/10で終了です)


by yu-no-mori | 2018-06-11 07:00 | イベント | Comments(0)
先月、助産院からの紹介で奈良の鍼灸院で手足の冷えが主訴の妊娠3ヶ月の妊婦さんを治療しました。

その方から先週、「昨日からぎっくり腰になってしまって、、、診てもらえませんか?」との電話がありました135.png
すぐに来てもらったのですが、骨盤ベルトとコルセットをしてようやくゆっくりと歩ける状態で、外してベットに上がるのもやっと、寝るのも激痛に耐えながらやっとの状態でした(;´д`)
急性腰痛いわゆるぎっくり腰と呼ばれるものですが、その中でもかなりきつく
しかも、4歳のお子さんもいる妊娠4ヶ月の妊婦さん、、、治療にもかなり注意が必要です。

できる範囲で体表観察をしたのですが、10日前に診た時はまだ妊婦さんと分からないくらいのお腹だったけど、かなりふっくらして、胎動もよく感じるようになられてました。
ぎっくり腰のきっかけは、テーブルを拭こうとした時。
このような急性腰痛の場合、風邪が関与することもあるのですが、体表所見からそれはなく、もともと脾の臓(胃腸)が弱い方でした。脈をよくみながら治療をしていて、治療後は少し楽になるようでしたが、なかなか痛みがきつく、すっきりしませんでした。
その事を他の先生にも話していて、その翌日、出勤前にとある先生から治療のアドバイスをもらいました。妊娠5ヶ月に入ろうとしている妊婦さんの状態から、~ということも考えられるので視点を変えてみてはどうでしょうと、、、。
なるほど。
早速朝一番でその方が来られたのですが、その日は一番痛みがキツく、顔面蒼白で来られました。体表観察すると、ツボの反応が顕著に出ていたのでもう迷いなく
まずあるところにお灸。すると、少し血色が良くなり、足を伸ばして寝れなかったのが、足が伸ばせるようになりました。鍼をして、、、脈がかなり改善してたので、ようやく手応えを感じて治療終了。ベッドでそのまま休憩してもらい、起き上がるとき、来た時と全く違って、かなりスムーズに起きられたことに患者さん驚く😲‼️そして私も(笑)、、、っておい!119.png
そして、その日は夜にもう一度来てもらい治療。それから2日続けて治療に来てもらい
その3日後には、マタニティヨガに行けるほど回復されてました110.png
患者さん自身、治るのに2週間以上はかかると思われていたようなので
本当に喜んでもらえて良かったです113.png
妊婦さんの急性腰痛は整形外科でも、使える薬が限られるので、診察を断られることもあるようです。

まさしく鍼灸の出番でした❕109.png
私自身もとても勉強になった症例でした177.png








by yu-no-mori | 2018-06-09 07:00 | 鍼灸何に効く? | Comments(0)

梅雨の養生法①

「柚の森便り」 更新しました177.png
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズ第50弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸 柚の森 があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日・15日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
梅雨時期はジメジメとした湿気(外湿)が「湿邪」として身体の不調の原因となることがあります。五臓の中で消化機能、水分代謝を司る「脾の臓」は湿を嫌います。もともとの体質や不摂生で脾が弱ると身体の水はけが悪い状態となり「内湿」を生じます。それが、外湿の影響を受け、何となく頭や身体が重い、ボーっとしてヤル気がでない、食欲不振、関節が腫れるなどといった症状が現れます。


梅雨の養生法①_f0354314_09382561.jpg


                        
 鍼灸 柚の森


178.png 長堀橋から東へ徒歩3分

  大阪市中央区南船場1丁目10-19 
  アクトセンバビル403号
  06-6210-4886
   ご予約はお電話またはこちらまで

by yu-no-mori | 2018-06-07 07:00 | 柚の森便り | Comments(0)

高槻でホタル(中平)

大阪は間もなく梅雨入りですね。そしてそろそろ蛍が見られる時期にもなりました177.png
ということで休肝日の夜、晩御飯の後車を走らせてホタルを見に行って来ました。

家の近所にある西河原公園でもホタルは見られるのですが、基本夜間は電灯がついていてホタルの光はよく見えません。期間限定で公園灯を消して鑑賞会が開催されるのですが現在まだ日程は未定(6月6日時点)

そこで夫が昔ホタルを見ることができたという、高槻市南平台、あくあぴあ芥川の北側あたりの川べりに行ってみました。こんな住宅街の近くでホタルが見えるのかな??と思っていたら、同じような目的と思われる車が何台かいます。

車を降りて見てみるといました!!

高槻でホタル(中平)_f0354314_10350368.jpg

豆電球ではないですよ104.png ホタルです!あちらこちらから、ピカッというか、ボワッというか優しい光が点滅します。数十匹程度かと思われるのでダイナミックとか圧巻というわけではありませんが、あちらこちらで点滅する光を見つけるのが楽しく、一つ一つの灯りがとても貴重に思えます。生命の輝きを見ているようです。

静かな夜にホタルの灯りを見ていると平和だなぁと感じました。いつまでもいつまでも、ホタルが楽しめる環境であって欲しいですね177.png



by yu-no-mori | 2018-06-06 07:00 | 植物、自然 | Comments(0)

芒種とは(大杉)

おはようございます102.png

6月5日で24節気の小満が終わり、6月6日~6月20日まで24節気の一つである芒種(ぼうしゅ)です。
小満に続いてあまり耳にしない言葉かもしれませんね130.png

芒とはイネ科の穂先の針のような突起のこと。

麦が黄色に実って、麦秋を迎え、それを刈り取ってから、その後に苗代で育った稲を田に植える時期です。

数本ずつ束ねた苗をひとつひとつ手で植えます。昔はこの時期が穀物の種まきや麦の刈り入れ、田植えを始める目安とされていました。

現在の田植えはもう少し早い時期に行われています。

この時期にカマキリが生まれ、蛍が飛び交い、梅の実が熟して色づく頃です。

しとしと雨降りが続き、梅雨が始まります。

立春(2月4日)から数えて127日目が暦の上での梅雨入りです。

梅が熟す頃の長雨ということから梅雨という名前がつけられました。

梅の実は他の木々が生い茂る中、青々と大きくなり、梅雨が到来すると同時に黄色く色づきます。

梅は昔から日本人になじみが深い植物であり、収穫された梅の実は梅干しや梅酒などに利用されてきました。

梅酒は健康に良いお酒として昔から親しまれており、疲労回復や整腸作用をはじめ、さまざまな効果があります110.png

もう場所によっては、梅雨入りしていますのでこの時期は湿度が高くなり、さまざまな身体の不調が出現される方も多いと思いますが、食べ過ぎに注意して、運動もして快適に過ごしましょう169.png


芒種とは(大杉)_f0354314_15024378.png


by yu-no-mori | 2018-06-05 07:00 | 季節とこよみ | Comments(0)
近所のイオンの休憩場所のところに、ひと昔前の堺の鳥瞰図が飾られていました。
今や様々な建物でひしめき合っている泉州エリアですが、戦前の昭和10年に発表されたというこの絵図はとてもシンプルですね~。  

ひと昔前の泉州の鳥瞰図(岡)_f0354314_23063896.png
西の海側から東の山側を見た図
 
大和川の上流は奈良だと思いますが、どんな風に遡っていってるのだろうか…と川岸を歩いていて思ったりしていました。
こうしてこの絵をみると二上山の北側あたりを遡っているのがわかります。
(向かって左が北方向。右が南方向。この絵の左端にあるのが大和川。右端中段あたりの木が茂ってこんもりしているのが仁徳天皇陵です。)

二上山から南に(この絵では右に)葛城山、金剛山…ずっと南の奥に高野山が位置しているのが一目瞭然でわかります。
この昔の絵図を見てるほうが、自分が今居る場所というのがリアルに実感できるのは不思議な感じです。

ひと昔前の泉州の鳥瞰図(岡)_f0354314_23150740.jpg
 
金剛山を中心にクローズアップ

海側である大和川下流辺りでも毎年夏のPLの花火が小さく見えるのですが、金剛山の西側(この絵では手前)あたりに富田林が位置してるのが確認でき、こういう距離でもって、あの花火が見えているのだと興味深く眺めました。

(写真:堺市博物館蔵 堺市鳥瞰図 イオンモール堺鉄砲町にて) 


by yu-no-mori | 2018-06-04 07:00 | 雑記 | Comments(0)

余った黒豆(松浦)

今更なのですが、、、毎年義父が黒豆を作っていて、お正月には必ず黒豆煮はするのですが
そんなに大量に作っても食べきれないので、どうしても黒豆が残ってきます…。
また炊けばと思いますが、どうもお正月が迫らないとやる気になれない…^_^;
と思っていたのですが、最近、美味しい黒豆茶をいただくことがあり「これだ!」と思い
早速レシピを色々検索して、簡単そうなのを見つけて、黒豆を炒ってお茶にしてみましたが、、、

香りはとても良いんだけど、お茶の味が薄い気もする…。炒り時間が足りなかったのか…?
失敗か…と思い、急須に残った出がらしの黒豆を食べてみると「あら美味しい111.png」これでいいか(笑)
お茶の作り方も色々あったし、黒豆もたくさん残ってるのでこれから試してみたいと思います。

ちなみに黒豆の東洋医学的効能…「東方栄養新書より」
 活血解毒…血行よくし、各種の皮膚感染症に効果あり
 祛風利水…免疫力を高め、めまいや急性のむくみを解消する

これから湿気の多くなる時期は、利水作用のあるものはいいですね110.png

余った黒豆(松浦)_f0354314_22552609.jpg








 




by yu-no-mori | 2018-06-02 07:00 | 食養生、薬草 | Comments(0)