人気ブログランキング |

鍼灸柚の森ブログ/担当(月)岡、(火)大杉、(水)中平、(木)柚の森便り、(金)北山、(土)松浦


by 鍼灸柚の森
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2019年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なんだか秋を満喫する間もなく冬がやってきた感じがしますね。今週我が家では今年初めて暖房を使いました。エアコンを使うとどうしても空気が乾燥するため、ノドや肌の乾燥が気になってしまうのがもどかしいですね…。今週末は少し暖かくなるようですが、急に気温が変化したことで少し風邪気味かも…?という方も多いのではないでしょうか?

今週は肺の病証の1つ、「風寒束肺」について書いていきたいと思います。「風寒束肺」とは、風寒の邪が肌の表面を攻撃して衛気の働きを妨害することで肺の大切な働きを止めてしまう状態のことです。

東洋医学における肺の主な働きは、気の働きや呼吸をコントロールして気を体の上部や表面に散布し、また要らないものを下部に降ろすことで清潔にすることです。肺に風寒の邪が入り、肺の働きを阻害することによって咳や透明な鼻水、悪寒発熱などのいわゆるカゼ症状を起こります。
f0354314_00454563.jpeg

出てしまった症状を早く治すことはもちろん大事ですが、鍼灸で気のめぐりを改善し身体を守ってくれる衛気を日頃から強くしておくのも風邪予防にはとても効果的です101.png

by yu-no-mori | 2019-11-15 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
おはようございます😃

先日、京都にある建仁寺で開催されていた「第十一回 建仁寺展 金澤翔子書品展」へ行って来ました😆

この方は、たびたびダウン症の天才書道家としてメディアなどでも取り上げられてますのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

私も何度かテレビで拝見しており書道に対する熱意や姿勢などに感銘を受け、機会があれば作品を観てみたいという思いがあり、今回やっと念願が叶いました✨

さてさて、作品を拝見しましたが・・・

テレビを通してもパワーのある「字」だな〜と思いましたが、生で実際にみると凄いパワーで迫力のある「字」でした❗️
やっぱり、実際に足を運んで作品を観るって大事ですね👍🏻

小柄な身体でこんなにダイナミックな「字」を書けるのは素晴らしいです☺️

以下、一部作品をご紹介致しますね!

f0354314_22075523.jpeg

f0354314_22081853.jpeg


f0354314_22084199.jpeg

f0354314_22091332.jpeg


f0354314_22094061.jpeg

f0354314_22100241.jpeg


f0354314_22102046.jpeg

f0354314_22104203.jpeg


f0354314_22250345.jpeg

個人的に「飛翔」という作品が凄く心に響きました。

翔子さんも来場されており、握手して頂きましたが、とても柔らかくて温かい手でした😊
あと、笑顔も素敵でした〜☺️

現在、1人暮らしをされて5年目だそうで楽しく生活されているそうです😉

病を抱えておりますが、しっかり自立して生きておられ素晴らしいですね‼️

また、機会があれば必ず行きたいですね。

素晴らしい作品を観させて頂き、ありがとうございました🙇‍♂️

by yu-no-mori | 2019-11-12 07:00 | 雑記 | Comments(0)

善玉菌と悪玉菌(岡)

先日、テレビで腸内細菌の善玉菌、悪玉菌について取り上げられているのを視ました。印象に残ったのは善玉菌、悪玉菌の名付け親の先生の話しです。

「悪玉菌はどんなに健康であっても何故か無くならない。しかしそれで調和が取れている」確かそんなことを仰っていたような…。

そこから蜂やアリの話しを思いだしました。1グループのなかに働き者と怠け者が一定の割合で必ずいる。そのうち働き者だけ集めたら、そこにまた怠け者が生じる。怠け者だけ集めたら、そこに働き者が一定の割合で生じるという話し。

どうも自然界というのはそういうふうになっているのかもしれません。

そして東洋医学では基本をなす陰陽論というものがふと頭に浮かびました。かいつまんで言うと「あらゆるものに陰と陽があり、その相対する二極は全体としてバランスをとりながら変化している。陰陽の属性は絶対的なものではなく相対的なもの。陰のなかには陽があり、陽のなかには陰がある」というもの。(ざっくりした記述で失礼します(^^;) )

例えば世の中、善に思えるようなもあれば悪に思えるようなものもありますが、悪にも何ら必然性があるのかもしれませんね~。

ところでそうなるとピロリ菌にはピロリ菌のプラスな面があるのだろうか?とふと思いました。(話し飛びすぎ…)


f0354314_21302655.jpg


by yu-no-mori | 2019-11-11 07:00 | 雑記 | Comments(0)
昨日11月8日は立冬でした(^_-)-☆
暦の上ではもう冬ですね。

朝晩が急に冷え込むので、慌てて冬布団を引っ張り出したり、ヒーターを出したり
慌ただしかったです( ;∀;)
この急激な冷え込みで風邪をひかれている人が本当に多かったです。
透明な鼻水が出て、寒気してのどがイガイガして…など。
私自身も少し前まで寒気、のどの痛みがありましたが、自分で鍼をしつつ
背中にタオルを入れたり、首にタオルを巻いて保温していると、治りました(*'ω'*)
去年も同じ時期に風邪をひき、のどを痛めて見事なハスキーボイスになってしまった事を思い出しました( ;∀;)

子供たちも今のところ元気にしております(^_-)-☆
寝る前に鍼治療したり、こちょこちょしたりスキンシップの時間を大事にしています(^^♪

連休もあって、寝不足やお疲れの方は特に風邪をひきやすいので
そんな時こそ鍼灸治療が大活躍です162.png

f0354314_09352128.jpg


by yu-no-mori | 2019-11-09 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)
唐突ですが、皆さんは「生きている」ってどんな状態をいうと思いますか?色々な定義があるかと思いますが、東洋医学で生きている状態というのは、体内の物質や機能、血と気など、陰陽の関係がバランス良く維持されている状態のことをいいます。この機能が失調すると病気になったり、死んでしまったりします。そうならないために気血をめぐらせている気の1つが「宗気(そうき)」です。

f0354314_23232085.jpeg
「宗気」は気や血を身体中にめぐらせる推動作用が強い後天の気のひとつです。推動作用とは、気や血を動かす力のことでしたね。宗気は力持ちで、常に全身に気血がめぐるよう頑張ってくれている気なんです。
少し詳しく説明しますと、飲食物から得られる水穀の精微と呼吸によって得られる自然界の清気が合わさって作られる気のことで「胸中の大気」とも呼ばれています。その呼び名の通り、一度胸中に集められてから全身をめぐり心肺の機能を支える働きがあります。

宗気は呼吸を推動するため呼吸や発声などに関係しています。そのため宗気が不足すると、声のボリュームが小さくなり、ボソボソとした喋り方になってしまいます。また、気血を循環させたり、心拍動の力とリズムを一定にするのも宗気の働きのひとつです。手足の温度や運動能力、視聴や聴覚などの働きも全て宗気と関係があります。心臓の拍動がなくなると当然ヒトは死んでしまいます。宗気の働きのおかげで今日も私たちの身体はしっかり動いてくれているんですね。

by yu-no-mori | 2019-11-08 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)

病因について①

「柚の森便り」 更新しました102.png
東洋医学の考え方に基づいた健康情報シリーズ第73弾です。
(「柚の森便り」は、鍼灸 柚の森 があるアクトセンバビル1F入口の看板に、毎月1日更新で掲出しています。お近くにお越しの際はぜひご覧ください。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東洋医学での「病因」とは、人が病気になる原因や条件のこと「外因」「内因」「不内外因」の3つがあります。「外因」は暑さ、寒さ、など気温や湿気など体外から影響するもの、「内因」は体内から発生する過度な怒りや憂鬱など感情によるものをいいます。また、「不内外因」は働き過ぎなど不摂生な生活によるものです。次回は「外因」について詳しくお話します。


f0354314_15331575.jpg

鍼灸 柚の森

 長堀橋から東へ徒歩3分

  大阪市中央区南船場1丁目10-19 
  アクトセンバビル403号
  06-6210-4886
   ご予約はお電話またはこちらまで

by yu-no-mori | 2019-11-07 07:00 | 柚の森便り

化石発掘(中平)

秋晴れの気持ちよい日が続きますね!そこでちょっと遠出、岡山のなぎビカリアミュージアムへ行って来ました101.png

f0354314_15203986.jpg

ビカリアとは約1600万年前、熱帯・亜熱帯地方に生息し今は絶滅した円錐形の巻き貝です。(写真のような形。実際の大きさは約10㎝ほどです104.png)このビカリアが岡山県の奈義町周辺で多数算出していることから、奈義町はかつて海抜0メートルの海辺であったことが分かります。

このビカリアミュージアムでは発掘された数々の化石が見れたり、発掘された地層を実際にみることができます。しかし!ここの目玉は実際に自分で化石を発掘することができるのです177.png

f0354314_15205608.jpg
発掘場所はなんてことない砂場の様な場所。ほんとに化石が見つかるのでしょうか??


f0354314_15223495.jpg
金槌で石を叩いていきます。力を入れなくても、叩いているとポロポロと崩れていきます。目がだんだん慣れてくると、石の中に埋まっている化石が見つけられるようになります162.png

f0354314_15214986.jpg
巻き貝が埋もれているのが分かるでしょうか?

近くで発掘をしていた男の子はいつもお父さんと海岸などで発掘をして遊んでいるとのことで、ワニの歯や大きなビカリエなど珍しい化石をどんどん発掘していました。もはやプロの域106.png

制限時間は1時間、調子がのってきた頃に時間終了です。結構熱中してしまいます。自分で発掘した化石は係の方が何の化石が教えてくださいます。そして1種類につき1個、発掘した化石は持ち帰りOK!(ちなみに発掘できないくても、ビカリエなどの化石をお土産に頂けました)

f0354314_15220504.jpg

思った以上におもしろかった化石発掘体験。小さいお子さんは特に楽しめると思います。ちなみに79才の母も大喜びで発掘していました。お天気の良い日の遠出にぜひどうぞ174.png

なぎビカリアミュージアム
岡山県勝田郡奈義街柿1875
9:00~17:00、休館日 月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始

by yu-no-mori | 2019-11-06 07:00 | 旅、お出かけ | Comments(0)
おはようございます😃

先日、あべのハルカスで「いけばな大阪展」が開催されていたので行って来ました!

花の名前には無知でしたが、華道の世界観に興味があり好奇心半分で行って来ましたが展示されている作品が非常に素晴らしく、「華道の心と技」を少しだけ感じることができたように思います✨

場内は写真撮影OKでしたので、少しご紹介しますね!

f0354314_21414503.jpeg

f0354314_21420209.jpeg

f0354314_21422364.jpeg

f0354314_21424976.jpeg

f0354314_21432501.jpeg

f0354314_21440056.jpeg

f0354314_21443539.jpeg

f0354314_21492753.jpeg

何人か作品を出展された方にお話しを伺いましたが、その中で印象的だったのが15歳から華道を始め今年で55年目の方なのですが、

この方に、「この作品はどういうイメージで作られたのですか?」と伺いました。

そしたら、「何もイメージはしてません。手が勝手に動き、この作品が出来ました!」とのこと。(上記の一番最後の写真が、この方の作品です)

50年以上されていると、そういう感覚になるんでしょうね〜☺️

私もスポーツをしていたので、考えより勝手に体が動くという感覚は何となくわかります。(かなり厳しい練習をしましたよ〜💦)

この方も、きっと以前は色々試行錯誤して作品と向き合ってたと思います😃
その結果、今に至ると思います!

今回、素晴らしい作品を拝見でき、色々な方にお話しを聞けて勉強になりました😁
ありがとうございました!

by yu-no-mori | 2019-11-05 07:00 | | Comments(0)

運動会(岡)

昨日は町内会の運動会でした。私は今年、当番で組長だったので雑用係として参加しました。競技に参加するつもりは無かったのですが、人が足らず結局3種目出るはめに…。

先ずはパン食い競争。途中で立てたバットに頭をくっつけて3回クルクル。その時点で目が回ってこけてしまいました(^^; 6人中5位でした~。今更ながらクルクル回転するフィギュアスケーターさんの凄さを感じました。。

次は借り物競争。借り物はカラーコーン。6人中6位。思った以上に走れない(^^; さすが若い人は早いです。走るフォームが違います。と言っても私は若い頃から遅かったのですが…。

3つ目は綱引き。これは大勢のなかの一人として是非とも勝ちたい!すぐ後ろの若い女子達も俄然気合いが入っていてやる気満々。それに感化されて年配組も手に力が入ります。かけ声合わせてグイグイグイ!2対1で勝ちました!綱引きって見た目地味なのですが、参加したらメチャメチャ面白かったです。おまけに勝ったら気分爽快。もっとしたいって思いましたよ~109.png


f0354314_22353687.jpg

by yu-no-mori | 2019-11-04 07:00 | イベント | Comments(0)

「気」って何?(北山)

鍼灸治療の際によく使われる「気」という言葉は一般的な感覚では目に見えないし、よくわからない、という感じがするかもしれませんが、例えるなら空気や重力のように、見えてないけど当たり前にあるものを指していたので、昔の人にとっての「気」という言葉は今よりずっと身近なものだったのではないかと思います。

今日はそもそも気とは何なのか、について書いてみたいと思います。昔の人は自然界を観察する中で、蒸気や呼気、吸気など、「形がないけど、そこにあるもの」の存在について理解していて、「気」は最も基本的な物質であり、全てのものは「気」の運動変化によって産生されていると考えていたんです。これは古代哲学における重要な概念とされているのですが、昔の人、すごいですよね。この「気の概念」というのは広く多くのことを指すようになり、もちろん医学の分野の中でも使われるようになります。

医学の領域で、「気」は人体を構成し、身体中に満ちていることで生命活動を維持する物質で、絶え間なく動いていているものとされ、その運動には昇る、降りる、出る、入るという方向性があり、この運動を「気機」といいます。
f0354314_00493110.jpeg
鍼灸治療は、気が足りない人には気を補い、邪気が多い人からは邪気を取り除くことでバランスを整えますが、こういう考え方は「気」を動きのある物質として捉えているからできることなのです。今あなたの「気」はしっかり動いてますか?足りてそうですか?

「気」を増やしたくなったらこちらの記事もぜひご覧ください☆


by yu-no-mori | 2019-11-01 07:00 | 鍼灸と東洋医学 | Comments(0)